今年8月、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が、自然科学的根拠の評価を担当する第1作業部会の第6次報告書を承認しました。そこには、21世紀中に地球温暖化がさらにすすみ、深刻な影響をもたらす懸念があること、人間活動が気候システムのすべてに関与していることが指摘されています。報告書の内容の解説とともに、脱炭素社会に向けての海外の取り組みをご紹介いただきます。そして、身近なエネルギーや食などの視点から、私たちが今すぐ取り組むべき具体的な行動提案を行っていただきます。

講師:吉田明子さん(FoE Japan 理事、気候変動・エネルギー担当)

日時:11月20日(土) 14:00 ~16:00

受講料:1,500円(CS会員1,350円、生活クラブ生協東京組合員1,425円)

定員:50名

オンライン講座(Zoomでの開催になります。)

→オンライン講座開催に関しての詳細はこちら

会場参加も若干名受け付けます。会場はこちら

→新型コロナウイルス感染症への対応はこちら

会場参加希望の方は、フォームのメッセージ欄に記入いただくか、CSまちデザインまでご連絡ください。

◆下記フォームからお申し込みください。フォームからお申し込みできない方は、eメール・電話・FAXでも受け付けております。

①講座番号・講座名 ②お名前 ③郵便番号・ご住所 ④メールアドレス ⑤(日中連絡のつく)電話番号 ⑦FAX番号(任意)をお知らせください。

◆受講料は前払いとなります。郵便振替にてお支払いください(振込先はお申込時にお知らせします)。一旦受領した受講料は返金できません。

◆やむを得ない事情により講座を中止することがあります。ご了承ください。

    郵便番号 (必須)

    都道府県 (必須)

    市区町村 (必須)

    それ以降の住所 (必須)

    申し込み区分