「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

5 山本良一さんcо2削減イメージ画像①midori

日時:7月3日(土)14:00 ~16:00

講師:山本良一さん(東京大学名誉教授)

~講座報告~

講座タイトルは「迫りくる環境危機」ですが、すでに環境破壊は進行しており、私たちはエコロジカルにも社会的にも持続可能で、公正な空間を維持しなければなりません。

そのためにしなければならないことは、➀危機を認識すること、➁気候非常事態宣言を行い、緊急行動を呼びかけること、そして➂そこにおおぜいが参加すること(動員)だと山本先生は話されました。

自治体、企業、大学などの「脱炭素」の取り組みを加速させるのは市民の力です。徹底的な省エネ、再生可能エネルギーの拡大、そして一人ひとりの食生活を変えることが大切であり、これまで長年にわたってその時々の経済性で動いてきた社会を今こそ変えなければなたないのです。

さらに大切なことは、社会全体で分断に対応すること、つまり社会的弱者をつくらないことです。一人で行動するのではなく、食とエネルギーの持続に向け、同志を集めて、正しいことを実行するしかないと、先生は結ばれました。

~参加された方のアンケートから~

・先生のお話を直接聞くことで、今すぐに危機意識を持って行動する必要があることを強く再認識できました。

・気候変動が大きな問題であることは認識しているが、世界中で対策がとられていること、それなのに日本がなかなか進んでいないことを実感しました。CO2削減が難しい職業や家庭に対してサポートが必要とのご意見に、なるほどと納得しました。そして自分自身も省エネ意識が少し緩んでいるので反省です。

・『徹底的な省エネ』が必要とのこと。誰かがやってくれる、責任者は何をしている、という意識ではなく、自分から、自分の周りから改めて取り組みたいと思いました。原発のこと、ソーラーパネルのことなどモヤモヤするところを回答いただき、ありがとうございました。遠距離通勤、海外旅行、ビットコイン、さまざまなことが環境に関わっているんですね。視点を広く持たなければ、と思います。


スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911