「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

近藤さん講座全体の写真

2019年11月11日(月)10:30~12:00

講   師:近藤惠津子さん(CSまちデザイン理事長、加工食品診断士)

これまで行われてきた「収穫量が上がる(=飢餓を救う)」「有益な品種がつくれる」などとして生物の遺伝子を操作する「遺伝子組み換え」という技術。その歴史はまだ30年もありません。その中で最近遺伝子組み換え技術よりもより高確率で狙った効果が期待でき、安全性にも問題ないとして「ゲノム編集技術」によって作られた食品が出回りつつあります。遺伝子組み換えではなからゲノム編集は大丈夫、という声も聞こえてくるという事は、大丈夫と言われ続けてきた遺伝子組み換えってそもそもどうなのでしょうか?

講座の始まりに「自分は遺伝子組換え食品は食べたくないと思っている人」「便利で有益な遺伝子組み換え食品なのだから食べてもいいと思っている人」で受講される皆さんにお聞きしてみたら…なんと全員が「食べたくない」に手を挙げられました。遺伝子組み換えによって自然界にはない物をつくり出すことで、生態系全体に及ぼす影響、有益と言われながらも逆に異常な事態が起こっている現状、そして一番問題なのは日本では遺伝子組み換え食品の表示制度がとても甘いこと、多くの食品の原材料として形を変えた遺伝子組み換え食品が入り込んでいることなどを再確認しました。受講された方のアンケートからも、私たち消費者は知ること、分かって選ぶこと、人に伝えること、あきらめないこと…が大切と多くのご意見を頂きました。(Y)

 



本の紹介
スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911