「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

講座の様子(ポテトチップスの表示の説明)講座の様子(都への申請用)たまごサンドイッチ中華丼の具

2020年2月20日 たべものラボ「超加工食品を徹底分析」の講座を行いました。

講 師は近藤惠津子(CSまちデザイン理事長・加工食品診断士)です。

2月8日の「超加工食品ってなに?」の講座を受けて、食品を加工の程度に合わせて4つに分けてその中で最も多くの素材を含み工業的に成形されたものを「超加工食品」と分類するという「NOVA分類(ブラジルサンパウロ大学公衆衛生学部の研究者らが考案)」をおさらいしました。超加工食品を食べ続けた人が癌の罹患率・死亡率が高い事や肥満の傾向がある研究結果が出ています。しかし、本当に「健康に良い食べ方」とは何だろうという視点で、超加工食品に分類されるものの表示を見て、食べ比べをしてみました。ポテトチップス・中華丼の具・たまごサンドイッチについて、いくつかのメーカーの物を並べてみました。

食品表示は添加物を少なく見せるために「〇〇不使用」と表示してあっても他の添加物がつかわれていることがあったり、カロリー控えめとなっていても人工甘味料が使われていたり、〇種類の野菜が入って入ると書いてあってもその量が少ない場合があったり…消費者には分かりにくい事がたくさんあります。素材の味を大切にしてできるだけシンプルな「たべもの」を選んでいきたいものです。

参加された方の感想から~

・有機(オーガニック)という言葉に騙されてはいけないと思いました。

・食の安全について改めて考える機会となりました。自分一人で考えているよりいいですね!

・時短を求めるママたちに食の大切さを伝える講座をしてほしい。

 



本の紹介
スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911