「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

2019年6月6日・7月4日

講師:江原絢子さん(東京家政学院大学名誉教授)

<講座報告>

市民講座「江戸時代の健康と食べもの」を実習しました。乾煎りして細かく砕いた煎茶を塩味ごはんにふりかける「茶飯」・焼きなすをお椀に入れてずいきとミョウガを入れたみそ汁をはる「茄子とずいきのみそ汁」・粗びき胡椒たっぷりの漬け汁につけたイトヨリの焼き物など。香りが豊かなご飯は心が豊かになります。講師の江原絢子先生(東京家政学院大学名誉教授)から江戸時代は食事で病気の予防に気をつけていたのです、と教えていただきました。

実習江原先生③実習の様子②お膳できあがり

受講された方の感想

・香りの良さに驚きました。豊かな内容の食事を楽しみました。(60代女性)

・香辛料や材料(ずいき)の使い方がとても勉強になりました。(40代女性)

・江戸の食事バランスはいつもすごいなと思っているのですが、それ以上に暮らしの中で   健康について考えているのだと知ることができました。(50代女性)

・大変興味深い内容で参考にさせていただきます。(60代男性)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



本の紹介
スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911