「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

どんなチョコ? 写真1どんなチョコ? 写真2どんなチョコ? 写真3

【受講された皆様の声】

・チョコレートに種類があることや、輸入している国、現地の労働の問題など、多岐にわたって考える事の大切さを学びました。添加物がこういうふうに使われているという事も、直接見られて勉強になりました。(50歳代 女性)

・なじみのあるチョコレートのハテナ部分の少しに触れられて良かったです。チョコレートを構成する一部分だけスポットライトがあびせられ、体にいいことが取り上げられ、チョコレート売り場も拡大しているように思えます。良いことの裏にも何かある、という事を知ることが出来ました。(50歳代 女性)

・食にはいろいろ気をつけているつもりですが、自分の好きな物にはちょっと甘くなっている気がしました。表示は見ていても…。いつも思いますが、市販で売られている表示のない物々の中身を知ることが出来ないのは恐いなと思います。お話と食べ比べ、実験の流れはとても分かりやすいです。(50歳代 女性)

・実験をみて、怖くなりました。本などを見て、わかってはいましたが、目で見るのが一番説得力がありました。(40歳代 女性)

----------------------------------------

バレンタインデーを前にチョコレート商戦が展開されるのは、日本の特徴だとか…日本中がその商戦に巻き込まれている感はありますが、大切な方、お世話になっている方、仲良しの方にこの機会にプレゼントを、とお考えの皆さん、チョコレートは何を基準に選んでいますか? 華やかさ、パッケージ、値段…?

では、中身はどうでしょうか? 原材料であるカカオ豆の生産現場からスタートし、表示の点検と味見を通して分析します。砂糖がたくさん使われているもの、植物油脂が混ざったもの、乳化剤・甘味料などの食品添加物が使われているものなど、チョコレートの原材料もさまざまなのです。

安心してチョコレート選びができるようになる講座です。恒例行事の前に、チョコレートについて考えましょう。チョコレート商戦に踊らされず、大切な人にきちんと選んでプレゼントできるようになりませんか。

 

講   師:近藤惠津子さん(CSまちデザイン理事長)

日 時:2019年2月7日(木) 10:30~12:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,000円

<定員20名> ※終了致しました。



本の紹介
スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911