「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

10 江原絢子先生(hp用)

<連続2回>

江戸時代には、自然災害や凶作による飢饉がたびたび発生し、多くの死者を出したと言われます。そのため、飢饉への備えついて書かれた書物もあります。
自然に影響されることの多い食資源を持続的に食べていくために、無駄なく食べ尽くすためのさまざまな工夫が、日常的にもなされていました。
たとえば、干し大根や干しずいきなどの乾物は、自然の恵みを貯蔵可能な形にして食べ尽す方法です。
また、庶民に豆腐が普及すると、廃物としてのおからがたくさん出るようになりました。これを「雪花菜(きらず)」と名づけ、料理書にその料理がたくさん登場しています。江戸の人びとがよりおいしさを求めて工夫した料理を紐解くことはわくわくする作業です。

今に生きる私たちもぜひ生かしたい知恵を学び、実際に料理して、楽しくおいしくいただきましょう。

講   師:江原絢子さん(東京家政学院大学名誉教授)

日 時:2018年 座学:6月13日(水)調理実習:7月4日(水) 10:30~12:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:4,200円(CS 3,780円  生ク 3,990円)※材料費別途800円程度

<定員20名>


[申し込みフォーム]



本の紹介
スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911