「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

 

CIMG0822 CIMG0813 CIMG0826

【受講された皆様の声】

・初めてこのような講座に参加しましたが、今まで疑問に思っていた事が良く理解でき、とても勉強になりました。(70歳以上 女性)

・食品表示について変化が激しく又しくみは変わっても現実とのギャップもあり近藤先生のお話しを聞くたびに気づきや、新情報をおしえていただき楽しみにしております。(50歳代 女性)

・食品表示・・・漠然としていて何がわからないのかがよくわかりませんでしたが、概要からご説明いただいて、ようやく入口に立った感じでしたが、その先に広がる混沌(?)に、また少しくらくらするというか、クエッチョンマークが(わからないというより、なにそれーという意味での)いっぱいになっていました。(30歳代 女性)

・本当に勉強になりました。とてもわかりやすかったです!!特にクイズでこの表示制度の問題点がよくわかりました。わかったことは、この表示と消費者が正しく利用するには、「生鮮食品と加工食品の区別」と「遺伝子組み換え表示義務品目リスト」を全て覚えていないといけないということです。不可能です。「全てに表示」は無理かもというのも理解しました。しかし・・・自分ですぐできる方法は、信頼できると思われる?メーカーあるいは流通を選ぶこと・・・なのでしょうか。(40歳代 女性)

—————————————————————————————————————————————

2015年に食品表示法が施行され、それまでいくつもの法律にまたがって決められていた表示のルールが統一されました。とは言え、相変わらず複雑なしくみで、要検討課題もたくさん残っています。
まず、私たちが日ごろ食べているものの表示について、基本的なことからご一緒に確認していきましょう。食品表示のABCを知らなければ、表示を見て食品を選ぶことはできませんから。
さらに、昨年9月より義務化された加工食品の原料減産表示の現状、3月に検討会を終えた遺伝子組み換え食品表示の問題点についてもお話しします。

講   師:近藤惠津子さん(CSまちデザイン理事長)

日 時:2018年5月25日(金) 10:30~12:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,000円

<定員20名> ※終了致しました。



本の紹介
スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911