「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

CIMG1146CIMG1143CIMG1149

【受講された皆様の声】

・たっぷりとアミノ酸等の味に毒されている自分の味覚にがっかりでしたが、だからこそ表示をしっかり見なければならないと強く認識できる機会となりました。(30代 女性)

・自分の舌がいい加減だなと思いました。遺伝子組み換え表示義務のあるものとないものが混在するのは良くないと思いました。(40代 女性)

・市販との食べ比べが分かりやすかった。(30代 女性)

・とても参考になりました。ショートニングの話を聞きたいです。(60代 女性)

・初めての参加でした。気にしていても中々わからない表示について考えていきたいです。(70代 女性)

———————————————————————————————

スーパーで売られている加工食品などの表示を見て、どんな材料を使って、どのように作られたものなのかを探ってみましょう。それいよって、日本の表示制度が、食品をきちんと選択しようとしている消費者にとって、いかにわかりにくいものなのかがはっきりします。
では、どうすればいいのでしょう? 日本の食の構造を理解して想像力を働かせること…残念ながら現状ではそれしかなさそうです。まずはいくつかの食品を特定し、実際にどこまで読み取れるかやってみましょう。

講   師:近藤惠津子さん(CSまちデザイン理事長)

日 時:2018年9月13日(木) 10:30~12:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,000円

<定員20名>終了致しました。



本の紹介
スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911