「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

鮫田晋先生CIMG9258

千葉県いすみ市では、昨秋、全小中学校で地元産の有機米コシヒカリ「いすみっこ」を使った米飯給食が始まりました。学校給食に、年間を通して有機米を使用する自治体は全国初だと言います。
2013年、市の働きかけによって有機米を作り始めた農家は3軒。そこから5年間でこの取り組みが可能になりました。取り組みの経緯、実現までの各方面の努力などについて、鮫田さんよりお話しいただきます。
また、大江さんからは、地域と密着した給食のほかの事例をご紹介いただくと共に、「そんな給食を食べさせたい」という願いを持つ保護者や消費者として、何ができるかをご一緒に考えましょう。

講 師:

鮫田晋さん(いすみ市農林課生産戦略班主査)

大江正章さん(コモンズ代表、ジャーナリスト)

日 時:2018年10月13日(土) 14:00~16:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS会員1,350円、生活クラブ東京組合員1,425円)

<定員 30名>


[申し込みフォーム]



本の紹介
スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911