「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

CIMG2479

【B報告】

最初にフランス語のティラミスのレシピを訳し、使われている食材の中からフランスの「有機卵」について学びました。ひとつの食材から最新のフランスの食や農業の情報を知ることで、私たちが向くべき方向をみんなで考え、探る講座となりました。専門的な内容をわかりやすく、楽しく学んでいただける魅力的な内容です。

さらに講座の内容を専用サイトにアップしています。

http://kaigai-shohisha-joho.blogspot.jp/

次回は、6/5、19、7/3、17、9/18、10/2、16(水)です。第二外国語で学んだことがある程度のフランス語で大丈夫です!

 

 

【受講生のみなさまの声】

・本当の勉強(生徒各々の興味を呼びさましてくれ、狭い範囲に限定しない、できない)とはこういった講義であると感じます。先生も生徒も大変面白い人達でたのしいです。収穫が大きいので、受けたい、受けてほしい講義です。(50歳代)

・先生の経験を通しての内容で深いお話が大変刺激になります。又、フランス語への高い専門性に裏打ちされた言語の解説と、それを分かりやすく丁寧にお話していただけること、しかもくだけて。この講座の内容がどんどん充実していくのに、目をみはるおもいです。受講生と一緒になって、つくりあげているという実感があります。(60歳代)

 


【A報告】

5回連続講座で、フランス語のwebサイトから、消費者問題を取り上げ、訳しながら読み進めました。フランスを中心としたヨーロッパの食や農業の現状を理解することで、日本との消費者意識の違いや、同じ問題への解決の糸口など、さまざまなヒントを広い視野で学べる講座です。今回は楽しいアニメの訳なども加わり、より親しみやすくフランス語に触れていただくことができました。

 

 

【受講者のみなさまの声】

・とてもおもしろかった。久しぶりに仏語を勉強するきっかけになってよかったです。(40歳代)

・フランスの食事情、bio市場の様子等知ることができて、とても参考になりました。(40歳代)

 


 

 

フランスやヨーロッパの消費者の間で話題になっているテーマについて、原文を読み、その社会的・文化的背景を考えます。ホットな生情報に接しながら、読む、書く、話す能力が身につきます。前回からスタートした講座のサイトには世界中からアクセスが!その日の学びを生かしたプチ会話レッスンも楽しみです。第二外国語で学んだことがある…程度のフランス語で大丈夫です。

講師:真下俊樹さん(緑の政策研究家、神戸市外大講師)

会場:生活クラブ館会議室(小田急線経堂駅下車徒歩3分)[地図]

受講料:A5回15,500円,B4回12,400円(CS会員、生活クラブ会員13,950円、11,160円)

日時:A:10月24日、11月7日、21日、12月5日、19日(水)10:30~12:30 全5回   終了しました

B:1月23日、2月6日、20日、3月6日(水)10:30~12:30 全4回

定員:各回15名


[申し込みフォーム]



本の紹介
スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911