「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

【報告】

放射能の現状を、講師の豊富な知識と情報から知り、どうしたら私たちの暮らしを守って行けるのか、具体的に教えていただきました。
外部被爆、内部被爆の現状やリスクを正確に知り、意識を持ち生活をしていくことの大切さや、作物、魚種、地形などにより、汚染の心配のないものもあり、食品検査の数値をきちんと解釈し、正しく理解して食べることが日本の農業や漁業を守ることにつながるということ。
ただ怖れるだけではなく、正しい知識と理解が、放射能のリスクから暮らしを守る一番の近道である事を認識していただけた講座でした。

【受講者のみなさまの声】

・食べものからの内部被ばくが多いとは思っていたが、今日はマスコミ等では聞けない真実のお話が聞けて良かったです。子どもがいる(いなくても)人に伝えて行きたい。(女性40歳代)

・具体的に安全な食品の選び方を教えていただき、とても勉強になりました。(女性50歳代)

・とても勉強になりました。1食分のベクレル数を出す計算では、意外と高い値が出て、普段気をつけているつもりでも、きちんと情報をあつめないといけないなと気が引きしまりました。新しい知見にも出会え、楽しくためになる時間でした。友人にも今日の話を伝えようと思います。(女性30歳代)

 


 

日本のエネルギーのあるべき方向性について議論がされていますが、放射能の影響はいま、どうなっているのでしょう。日本の第一次産業はこれからどうなっていくのでしょう。そして私たちの生活は?目を背けることなく事実と向き合い、一人ひとりがどんな未来を描いて、生きていくべきか考えます。

講師:上田昌文さん(市民科学研究室代表)

会場:生活クラブ館会議室(小田急線経堂駅下車徒歩3分)[地図]

受講料:2,000円(CS会員、生活クラブ組合員1,800円)

日時:10月16日(火)10:30~12:30 1回

定員:40名


[申し込みフォーム]



本の紹介
スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911