「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

市民講座報告

CIMG1162 CIMG1163CIMG1166

【受講された皆様の声】

・バナナについてのことを初めて知る映画でした。農薬について、想像はしていましたが、労働者を傷つけ生産されているバナナ。安い高いの問題ではなくいろいろ考えさせられ、現在の国のやり方にすべて通じる思いがした。(70歳代 女性)

・季節の果物がない時は、手軽にバナナを買って食べていました。しかし、あれだけの農薬が散布されていたとは知りませんでした。私は、輸送の段階での薬剤を心配していたのですが、それ以前の農薬に驚きました。(70歳代 女性)

・ただ食卓にあるバナナですが、生産地は色々な問題をかかえていて大変と思いました。農薬は恐怖です。毎日安いバナナを食べていました。バナナの実にどのくらいの農薬が浸透しているのか詳しく知りたいと思いました。(50歳代 女性)

・いつも栄養価について興味があり、フルーツの中にでも手軽に食べられるし、フルーツを飾るにもひときわ良さが表れますので、毎日のように頂いておりました。残念です。今の時代、消費者が正しく選べる知識をしっかり持たなければならないので、難しい時代ですね。(70歳代 女性)

・情報を知る、取りに行くことが大事ですね。(60歳代 女性)

・選んでバナナを買うとこで、人を苦しめないことができるなら、私もこれからもバランゴンバナナを選ぼうと思います。(50歳代 女性)

——————————————————————————————————

私たちが食べているバナナの大半はフィリピン産です。最近は「自然」が生み出す甘みを謳った高地栽培が人気。でも、農薬の空中散布による労働者や住民への健康被害が深刻なことが、 アジア太平洋資料センター(PARC)の現地取材で明らかになりました。多国籍企業に翻弄される小農民の状況も変わりません。
一方で農薬に依存しない栽培も進みつつあります。いま何が起きているのかを知り、生活者としてどう対応するべきか一緒に考えていきましょう。

講 師:大江正章さん(コモンズ代表、ジャーナリスト)

日 時:2018年9月29日(土) 14:00~16:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS会員1,350円、生活クラブ東京組合員1,425円)

 

<定員 30名>※終了致しました。

 

CIMG1174CIMG1179CIMG1186

【受講された皆様の声】

・実家が宮城の米農家で、子どものころはヘリコプターで農薬をまく光景が記憶に残っていて、現在も米は送られてくるのですが、幼い子どもがいるのもあり、無農薬米もほかで購入し、半々の割合で食べています。数年後、小学校へ入学する際の給食が気になって、お弁当の小学校を検討していたところだったので、今回のテーマに興味を持ち、参加しました。全量有機米の小学校がどんどん増えていって、いすみ市のような地域が増えてほしいと思いました。いすみ市が現在のようにできたプロセスがよくわかり、おもしろかったです。ありがとうございました。(30歳代 女性)

・できない理由ばかり並べるイメージが強い行政ですが、鮫田さんのお話は元気が出るお話でした。いすみモデルとしてもっと広がるといいです。(60歳代 女性)

・いすみという名前は鉄道できいたことがありました。今回の有機米での取組みは、各方面の方の熱意が実をむすびかけているのだなと思いました。主人の実家が長野の米農家なので、後継者問題、現在の人手不足について時々で耳にすることがあります(有機米ではないですが)。いすみ市のこと、これからいろいろ知りたいです。ありがとうございました。(50歳代 女性)

—————————————————————————————–

千葉県いすみ市では、昨秋、全小中学校で地元産の有機米コシヒカリ「いすみっこ」を使った米飯給食が始まりました。学校給食に、年間を通して有機米を使用する自治体は全国初だと言います。
2013年、市の働きかけによって有機米を作り始めた農家は3軒。そこから5年間でこの取り組みが可能になりました。取り組みの経緯、実現までの各方面の努力などについて、鮫田さんよりお話しいただきます。
また、大江さんからは、地域と密着した給食のほかの事例をご紹介いただくと共に、「そんな給食を食べさせたい」という願いを持つ保護者や消費者として、何ができるかをご一緒に考えましょう。

講 師:

鮫田晋さん(いすみ市農林課生産戦略班主査)

大江正章さん(コモンズ代表、ジャーナリスト)

日 時:2018年10月13日(土) 14:00~16:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS会員1,350円、生活クラブ東京組合員1,425円)

<定員 30名>※終了致しました。

 

CIMG1030CIMG1037CIMG1044

【受講された皆様の声】

・いつもながらわかりやすい説明をしていただき、よくわかりました。土を注文したので、9月になったら早速挑戦してみます。ありがとうございました。(50歳代 女性)

・有機栽培の大変さがよくわかりました。プランター栽培のコツが理解できました。野菜つくりは手間がかかるのだなあと思いました。しっかり味わって大切にいただこうと思いました。(50歳代 女性)

・白石さんのお話はとてもわかりやすく、すぐにチャレンジできるのでとても良いと思います。(60歳代 女性)

・冬には植えていなかったのでやってみます。詳しい種まきの仕方を教えていただき、ありがとうございました。(50歳代 女性)

・ていねいなお話ですごくわかりやすかった。自己流を見直す機会となりました。(30歳代 女性)

・お話を参考に、土づくりをし、葉物野菜を中心に育ててみたいと思います。(60歳代 女性)

—————————————————————————————-

野菜づくりはしてみたいけれど、時間がないし、近くに市民農園もない…という方、まずはご自宅のベランダで始めてみませんか? プランターでできる野菜づくりの基礎をプロの農業者に教わる講座です。実際に育ててみると、これまで何気なく食べていた野菜たちの命の素顔と出会うことができます。
今回は、秋冬野菜の育て方について、種まきから収穫までのポイントをお教えいただきます。自産自消の葉物や根菜などが、皆さんの食卓に上る日が楽しみです。

講   師:白石好孝さん(「大泉風のがっこう」主宰)

日 時:2018年8月28日(火) 14:00~16:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員 30名>※終了しました

 

CIMG1079 CIMG1009 CIMG0788

【受講された皆様の声】

・何の知識もない状態での参加でしたが、少し言葉に慣れてきて、少しだけ食材も取り入れられるようになりました。先生のお話が楽しく、毎回楽しくきけました。(50歳代 女性)

・生活に即した内容ですぐに実践できると思います。日々の食事に取り入れていきたいです。様々な症状の根本原因を解消するのに役立てたいです。(50歳代 女性)

・はじめての参加で、基礎知識もなくて、ついていくのに必死みたいな感じでした。日々の生活でなんとなく実践していることに根拠があって嬉しかったり、間違っていることに気付いたり、毎回、知識がない分、体験していることはすごく納得がいって理解できました。誰かのために、ちゃんと考えてお料理していきたいです。ありがとうございました。(60歳代 女性)

・自分が抱えている症状が多かったので、とても参考になった。また西洋茶や対処療法からなんとか抜け出したかったので、興味深かった。季節に合っていたのもとてもよかった。(50歳代 女性)

・身体の症状、季節に沿ったお話はわかり易く、毎日の生活に生かしていけるよう努めていきたいです。(60歳代 女性)

・なかなかすぐに理解できず自分がもどかしいのですが、受講して本当によかったと思います。ここを出発点として、実践できるよう、勉強をつづけようと思います。(70歳以上 女性)

——————————————————————————————-

東洋医学では「からだ全体をみること」を特徴とし、季節や、体質、生活環境などを考慮することも大切です。今回はステップアップ講座で「頭痛・むくみ・夏バテ・便秘・冷え症」などの症状別薬膳の知識を学び、実践に役立つ力を身につけていきましょう。

本講座は「家庭の食医」(基礎編、応用養生編、体質編、年代別養生編)を終了した方を対象としたステップアップ講座と位置づけておりますが、初めての方にもご受講いただけます。また、「家庭の食医ー体質編」との同時受講もできます。

<連続5回>

講   師:中島玲子さん(漢方薬・生薬認定薬剤師、国際中医師、国際中医薬膳管理師)

日 時:2018年5月8日、6月5日、7月3日、9月4日、10月2日(火)10:30~12:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:11,000円(CS 9,900円  生ク 10,450円)

<定員15名>※終了致しました。       

CIMG1007CIMG1004CIMG1194

【受講された皆様の声】

・毎回、中島先生の前向きで、軽快な講座にパワーをいただいています。講座のお話をきっかけに、自分自身の身体や生活を見直し、少しでも改善したいと思っています。ありがとうございました。毎回、お茶やなつめ、ありがとうございました。参考にさせていただいています。(40歳代 女性)

・いつも中島先生の講義を楽しみに受講させていただいています。日常生活をいかにていねいに大切に送るか、食医の勉強は食のみならず、すべての生き方にかかわる事と実感しています。(60歳代 女性)

・難しいですが、おもしろいです。植物の力はすごいなと日々感じています。ありがとうございました。(50歳代 女性)

・いつも季節にあったお茶、本当においしくいただきました。長い間教えていただいているのに、日々のメニューにはまだまだ十分いかせていませんが、自分の体調を意識するようになってきました。今後も、引き続き、よろしくお願いします。(50歳代 女性)

・日々の体調を細かく自身で知り、それに合わせて食事やお茶を用意する繊細な感性を育てていきます。楽しく人のためにもなる食医を目指したいです。ありがとうございます。(50歳代 女性)

・体質編、毎回、興味深い内容で、家庭でもすぐ実践できるものでした。家族みんなに対しての体質をより細かく観察するようになりました。さらに学びながら日々の生活に生かしていきたいと思っています。ありがとうございました。(50歳代 女性)

・中島先生の情熱的な講座がすばらしいです。内容も充実していて、タイムリーな話題も取り入れながら、受講者の意識を上げて下さいます。毎回いただくお茶からも薬膳を身近に感じられます。(60歳代 女性)

————————————————————————————————-

東洋医学では「からだ全体をみること」を特徴とします。今回は体質に合わせた実践的な養生法を習得。さらに自分でできる体質別診断術を知り、体質改善を始めましょう。薬膳的食薬の選び方や薬膳茶の試飲も楽しんでいただきます。

全講座受講生には、家庭や知人に発信できる基礎的な知識を習得したことの証として、「CS家庭の食医(体質編)認定講座修了書」を授与します。

<連続5回>

講   師:中島玲子さん(漢方薬・生薬認定薬剤師、国際中医師、国際中医薬膳管理師)

日 時:2018年5月18日、6月15日、7月20日、9月21日、10月19日(金)
10:30~12:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:10,000円(CS 9,000円  生ク 9,500円)

※新規の方はテキスト代 15,500円が別途必要になります。

<定員20名>※終了致しました。
       

CIMG0848 CIMG0852CIMG0950

【受講された皆様の声】

・とても充実した内容で、毎回受講が楽しみでした。ありがとうございました。ものごとを考える時に、歴史的な背景や世界的な動きを知ることの大切さを改めて感じました。まだまだ知らないことだらけです。後期講座も楽しみにしています。(60歳代 女性)

・とても面白かった。真下先生の豊富な知識と経験を巧みな話術で聞くことができて有意義なコースでした。(70歳代 男性)

・タヒチの観光・食を含め歴史などを学べてよかったと思う。あとは自分で関連したものを読んでみたいと思う。(70歳代 女性)

・フランス語は難しく、ついていくのは見学者程度ですが、それ以上に学べることが貴重と思っています。真下先生の世界観を学ぶ意義を感じています。(50歳代 女性)

————————————————————————————————————

画家ゴーギャンも愛した南太平洋のフランス、ハネムーン先としても人気の仏領ポリネシア。そこに暮らす人たちの生活や文化、社会に接してみませんか? 長年原地と交流してきた講師が、やさしいフランス語を交えながら、観光旅行ではわからないホットでディープな世界へご案内します。
タヒチのどのレストランメニューにも“Sashimi”があるとか、日本との関係も気になります。
フランス語はほとんどわからないのだけれど…という方も、フランス語の音を楽しみ、講師の多彩な知識・情報に触れることをお楽しみください。

<連続6回>

講   師:真下俊樹さん(NPOコンシューマーネット・ジャパン副理事長)

日 時:2018年5月9日、5月30日、6月27日、7月18日、9月5日、9月19日(水) 10:30~12:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:12,000円(CS 10,800円  生ク 11,400円)

<定員20名>※終了致しました。

 

 

CIMG0569 CIMG0564 CIMG0562

【受講された皆様の声】

・事故から6年7ケ月、村は動いているとのことですが、今回の詳細な座学が、現地への訪ねる参考となりました。菅野栄子さんのDVDのお話は人柄が伝わり、私達に問題を提言して下さいました。(60歳代 女性)

・改めて帰村の難しさを実感しましたが、同時に少し希望も見えて来た感じも得られ勉強になりました。(60歳代 男性)

・現状を少しでも(かなり)知ることができて、よかった。(60歳代 女性)

—————————————————————————————————————————————-

「までい(真手)ライフ」を掲げ、循環型農業を基盤とした独自のまちづくりで全国から注目されていた飯舘村は、福島第一原発事故によって全村避難を余儀なくされました。今年3月末、避難指示が解除されて6年ぶりに帰村が可能になった今、村はどうなっているのか。村の再生に向けてどんな働きがうまれているのか。震災後、何度も村に足を運んできた講師に語っていただきます。

講   師:行友弥さん((株)農林中金総合研究所特任研究員)

日 時:2017年10月28日(土) 13:30~15:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員30名>

【講座の風景】

CIMG0616 CIMG0623 CIMG0627 CIMG0608 CIMG0613 CIMG0615

——————————————————————————————————————————————

 

 

国産ブドウ100%を国内で醸造した「日本ワイン」と料理のマリアージュを楽しみつつ日本ワインの現状を学ぶ人気講座。近年は大手ワイナリーや異業種企業まで大規模生産に乗り出す“日本ワインバブル”状態。急激な増産による苗木不足、長らく日本ワインを醸造してきた小規模ワイナリーのとまどいなど、日本ワイン研究の第一人者が現状を解説します。

講   師:鹿取みゆきさん(フード&ワインジャーナリスト)

日 時:2018年1月13日(土) 18:00~20:30

会 場:CAFE BLEU(カフェ ブリュ)(JR渋谷駅下車徒歩5分、京王井の頭線神泉駅下車徒歩2分)

受講料:7,600円(CS 6,840円  生ク 7,220円)

※ワイン・食事代含む

<定員30 名>  本講座は満席となりました。

 

 

CIMG0594 CIMG0590 CIMG0585

【受講された皆様の声】

・とてもためになった。自分1人では解決できない問題なのでより多くの人に知らせて欲しい。幼稚園や学校の先生方にも見てもらいたい、聞いてもらいたいと思う。とてもわかり易い資料、お話だったと思う。(40歳代 女性)

・大変わかりやすい講座でした。私の周囲にアロマ好き、香水好きの人が数人おり、時々刺激のある(私にはそう感じられる)匂いもあり、身体に良い訳がないと常々思っていました。また清潔を追い求める人も身近にいますので、今日の講座の内容をしっかり伝えてあげたいと思います。遅ればせながら、私ももっと匂い香りを意識して生活したいと思いました。ありがとうございました。(70歳以上 女性)

・専門用語が多い中、わかりやすく説明して下さりありがとうございました。日本の「香害」に対する理解が広まる様になるといいです。構造は添加物と同じですね。(60歳代 女性)

・ありがとうございました。香料の強さは常々感じていました。自分の生活では使わない選択が出来ますが、公共空間のことは選べないので何らかの規制が欲しい。(60歳代 女性)

—————————————————————————————————————————-

柔軟剤が火付け役となった香りブームが加速したのは2012年。以降も増え続ける芳香剤や消臭除菌スプレーなどの身近な香りに、身体の不調を訴える人が増えています。具体的な商品の成分や毒性、健康への影響などについてお話しいただき、社会から香害をなくすためにどうしたらよいかを考えます。

講   師:岡田幹治さん(ジャーナリスト、元朝日新聞論説員)

日 時:2017年11月29日(水) 10:30~12:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員30名>

CIMG0769 CIMG0776 CIMG0778

【受講された皆様の声】

・輸入された山積みのコンテナを写真で見たことがあるのですが、実際に見ると、もっとショックを受けました。今後の食生活にとても役立ちました。(60歳代 女性)

・今日の倉庫見学と奥村さんのお話しは大変役に立った。なかなか現場をみることができないので貴重な体験だった。知らないことが多かったので大変勉強になった。(60歳代 女性)

・テント倉庫の見学、奥村さんのお話、とてもよかったです。輸入食品の危険性をわかっているつもりでしたが、その重大性を痛感しました。いろんな人に伝えていきたいです。特に奥村さんのお話、幅広く、深く、しかもユーモアがありよかったです。(60歳代 女性)

・原材料は、食品衛生法の対象ではないというのが驚きでした。検疫の実態がお話のとおりだとすると、検疫というしくみをもつ意味があるとは思えないです。自分の食は、自分で学んで守る以外にはないですね。(60歳代 女性)

・まだまだ聞きたりないと感じました。知れば知るほどショックな現状を知ることが出来たのは貴重な機会だったと思います。本で読むよりリアルな内容でした。今度は外食・中食産業にスポットを当てた講座があれば聴きたいと思います。食産業のウラ側を見る機会があればまた参加したいです。(20歳代 女性)

・普段、目にすることのできない場所に入らせて頂き、とても良い勉強ができました。この事を1人でも多くの人に伝えていくことが、私のできることか、と思います。地産地消の商品を買い、これを伝えていきます!(60歳代 女性)

・奥村さんのお話が楽しくわかりやすかった。港組合の方が、問題点を開示されている背景も、最後に聞けてよかった。消費者として、運動する事が必要と感じた。(40歳代 女性)

———————————————————————————————————————————————-

食料自給率わずか38%(カロリーベース)と、多くを輸入農水産物に依存する私たちの食卓。その輸入食材は、どんな状態で保管され流通しているのか、実態を自分の目で確かめたくありませんか? 一大輸入拠点・横浜港の港湾倉庫を現場の方の解説付きでめぐり、輸入食品と私たちの食の現状を改めて考えるツアーです。

講   師:奥村芳明さん(港湾労働組合執行委員長)

日 時:2018年3月23日(金) 10:00みなとみらい線元町・中華街駅集合 12:30現地解散

会 場:横浜港(神奈川県横浜市)

受講料:1,900円(CS 1,750円  生ク 1,825円)

<定員20名>  ※終了致しました。



本の紹介
スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911