「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

市民講座報告

CIMG3346

 

【報告】

座学では、江戸時代には、いつ、どのような時にどんな献立のお弁当を、楽しんでいたのか、文献から読み起こし、現存している当時のお弁当箱に使われたお重などの写真を観ながら、季節がら江戸時代のお花見に思いを馳せました。実習では、押し寿司をメインに干し柿を使ったスイーツまで5品を作り、お弁当箱に詰めて、いただきました。生活にメリハリをつけて食を楽しむ江戸時代の暮らし方に、現代に生かせるヒントがたくさんあることに、気づいていただけた講座でした。

 

 

【受講者のみなさまの声・座学】

・昔は本当に遊び心があるのだなぁということを感じました。(30歳代)

・ハレとケの差が大きいことなど、それが、又、ハレの楽しさとなっていることがよくわかりました。(50歳代)

・お弁当から江戸の人々の暮らしが伺えて興味深かったです。今のお弁当にも参考になるものが多く、一品ずつでも取り入れていきたいと思います。(40歳代)

・江戸時代の人々の暮らし振りが想像できて、タイムスリップしたくなりました。(30歳代)

 

【受講者のみなさまの声・実習】

・江戸時代の好きな私にぴったりの講座です。小説やテレビ等で聞いたり、観たり、読んだりした話を実際に体験できてうれしいです。(60歳代)

・江戸時代のレシピにもかかわらず、現代でもおいしく頂けるところが意外で、昔の人もこんな美味しいお弁当を作りながら楽しんでいたのかなあと思ったら、食べる喜びは昔も今も変わらないのだと思いました。今日のレシピは日常でも是非作っていきたいと思います。(30歳代)

・江戸時代に生きていた方がお花見などで、お弁当を開いてゆったり楽しく頂く姿を想像しました。家の近くの玉川上水での桜の頃の様子を描いた絵を思い出しました。(50歳代)

 


江戸時代の食から、現代の私たちの食を考える講座、今年度の最終回は江戸時代のお弁当を探ります。江戸時代は、武家も町人もお弁当を持って、花見などを楽しんでいたようです。今でも当時のお弁当箱が残っています。書物に記された当時の行楽の様子や料理を紐解き、当時の人々に思いを馳せながら、2回目には実際に料理を作ってみます。

講師:江原絢子さん(東京家政学院大学名誉教授)

会場:生活クラブ館会議室&クッキングスタジオ(小田急線経堂駅下車徒歩3分)[地図]

受講料:2回で4,000円(CS会員、生活クラブ組合員3,600円)材料費別途600円程度

日時: 2月27日、3月13日(水)10:30~12:30 全2回

定員:20名


[申し込みフォーム]

【報告】

私たちが普段なにげなく食べているものの向こう側に、日頃気づかないことがたくさんあります。私たちが何をどのように食べるかが、世界の食料問題や、地球環境とつながっていることを具体的に学んでいただきました。

【2013/1/19受講者のみなさまの声】

・久しぶりに「食べる」or「食べ方」のことをきちんと考えたなあと思います。若い人に向けて、これらのメッセージを発信したいと思います(女性50歳代)

・生活クラブのまちの委員として、新規加入者の方に、生活クラブの話をする時に、なにを選ぶかを決める基準になるお話でした。子育て世代のママさんたちにぜひきいてもらいたいです(女性50歳代)

・普段当たり前に目にし、口にしているものにも色々背景があって、自分の知識はせまいなーと感じました。今日はたくさんのことを楽しみながら知ることができて、とても勉強になりました。まずは自分の生活スタイルから見直そうと思います(女性20歳代)

【2012/10/10受講者のみなさまの声】

  • “食べること”が生産のあり方、消費している物など社会性を持った行為であると再認識できました(男性、30歳代)
  • 食をとりまく環境の変化を知ることができてよかったです。日々、時間に追われている毎日ですが、物ごとの裏側を考えることを意識していこうと思いました。また、子どもたちの柔軟な頭で、食べ物について考える機会が増えればいいなと思いました(女性、40歳代)
  • お聞きしたことがある内容の部分でも、年々状況がかわっていたり、自分の記憶がうすれていたりでとても勉強になりました。食とは個人的な行為でありながら、社会性があることをつたえるのは、大変むずかしい。でも、知ることから始まるので、伝えられる場面を考えたいと思います(女性、40歳代)

 


 

CSまちデザインオリジナルの食農共育プログラムで、学校の授業を始めて10年。その内容を大人向けにした講座です。私たちが食べ続けるために、何をしなければならないかをご一緒に考えませんか。食と環境、TPP、食品表示、遺伝子組み換え食品、食品添加物など、多角的に食を考えます。学校での授業に参加してみたい方、まずはこの講座にどうぞ。

講師:近藤惠津子(食育プロデューサー、CSまちデザイン理事長)

会場:生活クラブ館会議室(小田急線経堂駅下車徒歩3分) [地図]

受講料:2,000円(CS会員、生活クラブ組合員1,800円)

日時: A:10月10日(水)10:30~12:30 1回

B:1月19日(土)14:00~16:00 1回

定員:各回20名


[申し込みフォーム]


CIMG4160

 

【報告】

2012年の10月から5回の講座で家族の健康を維持するための食養生の基本を学んでいただきました。初めての慣れない言葉にとまどいながらも、毎回の宿題をしっかりとこなし、

最終日の修了課題にも取り組んでいただきました。全5回受講された方には「CS家庭の食医認定講座修了書」をお渡ししました。

 

【受講生のみなさまの声】

・漢方の奥の深さを教えていただき、ありがとうございました。まだまだ勉強不足です。その都度、一つ一つの食材を学びたいくらいです。漢方についても、また学んで行きたいと思います(40歳代)

・家庭の食事で家族の健康を維持するというコンセプトに共感できました。各論に関しては、いずれ余裕ができたら勉強しなおしたいです(40歳代)

・今までの食に対する考えが変わりました。食の大切さ、家族の健康は私が作る食事からという事を改めて確認いたしました。家庭の食医として、家族の健康を支えていきたいと思います。参加して本当に良かったと思いました(50歳代)

・講義内容だけでなく、毎回様々な食材を用意して下さったりして、楽しく受講できました(50歳代)


継続的に「薬膳」を学ぶことで、日常の食事で、どうやって健康を維持するかを学び、自身だけでなく身近な方々も元気で過ごせるようになりましょう。季節に合わせ、体質に合わせ、生活状況に合わせた食材の選び方と養生法の基礎を習得します。全講座受講生には家庭や知人に発信できる基礎的な知識を習得したことの証として「CS家庭の『食医』認定講座修了書」を授与します。1回ごとの受講も可能です。

講師:中島玲子さん(漢方薬・生薬認定薬剤師、国際中医師・国際中医薬膳管理師)

会場:生活クラブ館会議室(小田急線経堂駅下車徒歩3分) [地図]

受講料:10,000円(CS会員、生活クラブ組合員9,000円)

テキスト代:15,000円(連続受講の方のみ購入)

日時:2012年10月12日、12月7日

2013年2月8日、5月10日、7月12日(金)

10:30~12:30 全5回

定員:20名


[申し込みフォーム]

DSCN0648

【報告】

今回の作品の圧巻はディオールのクリスマスカードの額装です。リボンを波型にして奥行きをだし、額縁も特注し赤と黒の洗練された作品に仕上がりました。新しい技法をマスターして、出来上がった作品をみせあうことで、次に作る作品への想いを膨らませ、継続受講される方が多い講座です。

■次期講座は、6月12日から始まります。

 

【受講者のみなさまの声】

先生が惜しみなく教えて下さって楽しいです。色の組み合わせなどをアドバイスしていただくと、センスアップされ驚きます(60歳代)

次々と色々な技法が学べるので、本当に楽しいです(50歳代)

久しぶりに講座に参加しました。やっぱり額装はとても楽しかったです。夜の講座があると、勤めていても参加できるのでうれしいです(40歳代)

 


 

【A報告】

今回も新しい受講生を迎えて、たくさんの作品ができあがりました。息子さんの結婚式の写真を額装してプレゼントしたい、部屋を整理していたら見つかった芸術作品を額装して部屋に飾りたいなど、目的をもって取り組んでいらっしゃいます。工夫する楽しさ、新しいことにチャレンジする楽しさも満喫できる講座です。

 

■次期講座は、2013年2月13日から始まります。

年末の整理で見つかったカードなどを額装してみませんか?

 

【受講生のみなさまの声】

・まったく初めてのことで、最初はおそるおそるカッターを使っていましたが、3回目でやっと慣れてきました。何でもない絵はがきが額装することで、りっぱな絵画のようにみえるのがすばらしいです(40歳代)

・常に新しいことを教えていただけて楽しいです(60歳代)

・カルトナ-ジュ教室で額装のことを知りました。教室以外に自分でも作品を作ってみます(50歳代)

 


 

 

「フランス額装」とは、フランスの生活芸術のひとつです。大事にしている写真やカードなどを額装して保存する技術を学びませんか?植物画や写真などご自分の作品もオリジナル額装をすることで見違えるほどステキな額になります。継続受講している方と一緒に学び、仕上がった作品を見せ合うことで、センスもぐんとアップします。初めての方への丁寧な指導が好評です。

講師:巽 英里さん(アトリエ・ミラボー主宰)

会場:赤堤館会議室(世田谷線松原駅下車徒歩1分)【地図】

受講料:3回で8,000円、(CS会員7,200円、)

日時:A:10月24日、11月14日、28日(水)10:30~12:30 全3回

B:2月13日、27日、3月13日(水)10:30~12:30 全3回

定員:各回20名


[申し込みフォーム]

 


 

__

 

【Bコース報告】

Bコースでは、「おさななじみ」のファーストポジション版と移調版、「バラが咲いた」、ルイ3世が作曲したという「Amaryllis」、そして受講生からのリクエストで「ボレロ」に取り組んでいただきました。ボレロは相当難しく、継続の方でも肩に力が入り苦労されていましたが、楽しく挑戦していただきました。

次期は5月21日から始まります。

 

【受講者のみなさまの声】

とっても楽しかったです。もっと知りたいという意欲がムクムクと湧いています。ギターの伴奏のおかげで気持ちよく演奏できました(50歳代)

思った以上にむずかしい楽器でした。でも、先生の寛大で楽しいご指導で、毎回楽しみに通いました。上達してもう少しましに吹けるようになったら、きっともっと楽しいだろうと思います(50歳代)

なかなかうまくなりませんが、頭のトレーニングと考え、気長にやっていきたいと思っています。楽しんでいます(60歳代)

今回のレッスンは、かなりハードルが高いものでした。ボレロは音の長さがうまく把握できませんでした(60歳代)

 


 

【Aコース報告】

今回は「たき火」と、「Autumn Leaves」のジャズバージョン、アンサンブルの「歓喜(歓び)の歌」に取り組みました。毎回基本となる練習をした後、曲を吹きます。アンサンブルは少しずつ音が合わさり、素敵なハーモニーになっていく、グループレッスンならではの醍醐味です。今期は、ハーモニカの魅力を理論的な角度から理解していただく講義も加わりました。

 

12/24(月)カフェダイニング「素々」で大竹講師の“クリスマスライブ”があります。受講生も「歓喜(歓び)の歌」を演奏いたします。詳しくはこちらへ。 :D

 

 

【受講者のみなさまの声】

・今回も楽しんで練習できました。理論になると難解ですが、マイペースで続けていきます。(60歳代女性)

・音楽の知識も久しぶりに思い出して、子どもの頃の疑問も解決して、とてもよかった。指導法もお上手でした。(60歳代男性)

・いつもながら、楽しいレッスンでした。(60歳代女性)

・何度かの講義も新しいのもがわかり楽しい。次回は演歌曲も入れてほしい。いろいろなジャンルの曲での合奏が楽しみ!(60歳代男性)

 


 

10穴ハーモニカを見たことがありますか?手の中に入るくらいの小さなハーモニカですが、

なんと3オクターブも出せる優れモノです。講師は2001年ドイツの国際ハーモニカコンテスト4部門で優勝した世界チャンピオンです。秋の講座では、「歓喜の曲」のアンサンブルとジャズにトライ、冬の講座では受講生からのリクエスト「ボレロ」が課題曲です。10穴ハーモニカでなくても構いません。また、お持ちでない方はこちらで準備します(3,000円程)

講師:大竹英二さん(ハーモニカ奏者)

会場:赤堤館会議室(世田谷線松原駅下車徒歩1分)【地図】

受講料:3回で7,000円(CS会員6,300円)

日時:A:10月16日、30月、11月13日(火)10:30~12:30 全3回

B:2月5日、19日、3月5日(火)10:30~12:30 全3回

定員:各回15名


 


[申し込みフォーム]

 


 

 

コーラスHP写真

【コーラスB報告】

今回は約20名のコーラスになりました。荒井由実の「やさしさに包まれたなら」では、「重いカーテンではなくレースのカーテンを開くのですよ~」と歌詞の意味をよく考えて歌うことの大切さを、「涙そうそう」では細かいリズムの違いに気をつけることを学んでいただきました。5回で2曲仕上げる難しさはありますが、回を追うごとにハーモニーが作られていく楽しさに、継続して取り組む方も増えてきました。次期は5月30日からです。

 

【受講生のみなさまの声】

いつも笑いが絶えない楽しい講座です。次回はもっときれいなハーモニーがつくれるよう、おたがいの声を聞きあったり、発音を同じようにしたりすることを心がけたいと思います。(60歳代)

明るく楽しいご指導のおかげで、様々な歌を再発見できる楽しさがあります。腹筋や背筋も鍛えられ、心と身体が伸びやかになっています(50歳代)

5週でワンクールという形式なので、負担にならず、大変参加しやすい講座です。いい雰囲気の中で、少しずつ歌えるようになるのがうれしく楽しいです(60歳代)

始めて日が浅いのですが、皆さんが暖かく迎えて下さり、気づけば、コーラスが生活の一部となっています。(50歳代)

 

【A報告】

11月3日の「CS文化発表会」が終わった次週から始まった講座でしたが、いきものがかりの「YELL」と「峠の我が家」に取り組んで頂きました。YELLは細かい音符が多く、峠の我が家はスイング調に編曲されている部分があったり、2曲とも難曲でしたが、最終日には心を込めて楽しく歌い上げていただきました。毎回最終日の、講師による模範独唱も好評です。

 

2月からの講座では、名曲「涙そうそう」と荒井由実「やさしさに包まれたなら」を練習して頂きます。

 

【受講生のみなさまの声】

・あまり、声が出ないので、家で鼻歌も歌わなかったのですが、CDに合わせて大きな声で練習して、多少うるさいけど、家に音楽があるのはいいと家族にほめられました。もう少し、楽に声が出せるようになると良いと思います(60歳代)

・いつもどおり楽しかったです。だんだんハーモニーがきれいになってきて仕上がりがよくなってきました(60歳代)

・初めての参加でしたが、温かく迎えてくださったので、とても楽しくできました(50歳代)

いつも楽しく参加しています。歌うチャンスがほとんどなかったのですが、声が少しずつでるようになってきた気がしています(60歳代)

 


 

 

思いっきり大きな声を出すってほんとに気持ちがいいですね。毎回、全身をほぐす軽い体操から始まり、回を重ねるごとにきれいなハーモニーが生まれます。ボイストレーニングに取り組む人が増えている昨今ですが、やっぱり気持ちを合わせて楽しむコーラスのよさも見直されています。秋は、いきものがかりの「エール」と懐かしい「峠の我が家」、冬には、荒井由美の「やさしさに包まれたなら」と名曲「涙そうそう」に取り組みます。初めての方大歓迎!

講師:長谷川純子さん(二期会会員、コーラスグループcopine指導者)

会場:赤堤館視聴覚室(世田谷線松原駅下車徒歩1分)【地図】

受講料:5回で8,000円(CS会員7,200円)

日時: A:11月8日、15日、22日、29日、12月6日(木)10:30~12:30 全5回

B:2月7日、14日、21日、28日、3月7日(木)10:30~12:30 全5回

定員:各回20名


 


[申し込みフォーム]

 


 

タカオスミレP1040022

 

【報告】

今回は、人でにぎわう登山道とは反対側の『裏高尾』と呼ばれる高尾山を散策しました。この季節、高尾山には多くの種類のスミレが咲いています。スミレの専門家である講師から、名前、特徴など伺いながら、写真撮影。お天気にも恵まれ、可憐なスミレの姿をじっくりと観察し、大人の遠足を楽しんでいただきました。

次は高尾山に登りたいですと、早くも次の企画へと皆さんの心は向かっているようです。

 

【受講者のみなさまの声】

・   春の裏高尾歩き、とても気持ちよかった。花の名、木の名、知らないことばかり、せせらぎ、鳥の音をききながら、初めて会った人と生活クラブつながりで親しく言葉を交わして、催行の一日、リフレッシュできた。(60歳代)

・   歩いたことのない高尾の道を、普通は目に入らない高さにひっそりと咲く小さな花々を説明をききながら見て、ゆっくり歩く、とてもゆったりとした時間を過ごせました。先生が何でも知っていて、楽しそうに草花を解説されるので、こちらも笑顔になります。(50歳代)

・   野草が好きで参加しました。特にスミレが好きで、タカオスミレを見られ満足しました。初めて見る小さな花々やその名前、自然の風景の中でのあり方。最近の激しい気象のためか、山が荒れている情景も目にしました(60歳代)

・   山を歩くのは、子どもの頃からなかったので、新鮮でした。また、小さな花にも名前があることも感動でした。機会があれば、次回は高尾山の登山を楽しみたいです。スミレの種類が多くてビックリ!!でした。(50歳代)

 


 

標高600メートルの高尾山は、小さな山ですが、見晴らしもさることながら、スミレが群生していることでも有名です。スミレを始め、高尾山のことを知り尽くした講師の案内で、この時期ならではの花々の愛らしい姿を楽しみながら歩きます。さて、何種類のお花に出会えるでしょう!?高尾駅→日影→日影沢キャンプ場→日影→小仏川沿いに下流→駒木野→高尾駅(コースは変更になる場合があります)

講師:新井二郎さん(元東京都高尾自然科学博物館学芸員)

集合場所:JR・京王線高尾駅北口改札

受講料:2,000円(CS会員1,800円)バス代別途

日時:4月5日(金)集合9:30(小雨決行)解散15:00 1回

定員:20名


[申し込みフォーム]

整理収納システムを学び、空間のゆとり=心のゆとり、時間のゆとりを獲得しませんか?6時間の講座で、整理・収納の能力を総合的に高め、友人、知人へのアドバイスができるようになります。また、整理収納アドバイザー1級認定講座の受講資格が得られます。

講師:大熊千賀さん(整理収納アドバイザー、整理収納コンサルタント「暮らしStyle」代表)

会場:生活クラブ館会議室(小田急線経堂駅下車徒歩3分) [地図]

受講料:21,000円(CS会員18,900円)、別途テキスト代1,500円

日時:A:11月29日(木)10:00~17:00 1回

B:3月8日(金)10:00~17:00 1回

定員:各回15名


[申し込みフォーム]

 


 

【A報告】

1日かけて整理収納のシステムを学び、アドバイザー2級を取得できる講座です。整理とは、収納とは、から始まり、片付けられない原因を知り、優先順位をつけて、不必要なものを取り除いていく方法を、順序立てて具体的に教えていただきました。グループに分かれて討議することで、おうちに帰って、すぐに実践できそうなヒントも得られたようです。また、年末の大掃除前というタイミングもぴったりだったようです。

 

次回は3月8日(金)開催予定です。

 

【参加のみなさまの声】

・先生の説明がとても分かりやすく、明るく楽しい一日でした。期待以上の知識を得ることができ、早速一家で生かしていけそうです。整理収納にますます興味がわいてきました。(女性50歳代)

・大変有意義で楽しく参加させていただきました。資格がいただけるのも嬉しいです。(女性40歳代)

・すごく参考になって収納を考えるのが楽しみになりました。整理から収納へのプロセスが明確になり良かったです。(女性30歳代)

・あっという間に時間が過ぎました。なるほど…そうなんだ…と思うこと、しっかり学べ、楽しかったと思います。是非1級資格を取りたいと思います。(女性60歳代)

 

【報告】

3回連続でヘルスケアに役立つアロマの利用方法を学びました。身体の仕組みを知り、何故香りに効果があるのか、また、正しい精油の選び方などを教えていただき、毎回自分にあった香りを選び、実習していただきました。参加者のみなさまのお顔が、講座後に明るくなられ、お薬を飲むほどではない“プチ不調”が香りの効果で改善される事を実感していただけた講座でした。

 

【参加者のみなさまの声】

・アロマには少し興味がありましたが、先生の講座を受けさせていただき、はじめて“使える”アロマになりました。香りをかぐと本当に幸せな気持ちになり、うれしいです。(女性40歳代)

・アロマについては初心者で何もわからなかったのですが、やさしくていねいなお話しと、実際に役立つクリームやオイルを作って帰ってからも使用できました。ホッとできた3日間の講座でした。中山先生のやさしい声にも癒されました。(女性50歳代)

・アロマの知識が広がって、生活の中ですぐ実践できてすごくよかった。アロマの力で治癒力が上がるのか、はじめは「?」でしたが、実践していくうちに、アロマの効果がわかり、すごいと思いました。体と心にも効くのがすばらしい(薬は体だけだから)。(女性40歳代)

 

 


 

 

楽しく気楽に精油の利用方法を学び、基本を身につけます。今回は日々の健康維持に役立つプログラムです。レッスン1「感染症予防」「胃腸」、レッスン2「かゆみ」「痛み」、レッスン3「ストレスケア」。ワンレッスン3,500円程度の教材、精油代込みの受講料です。持ち帰ってすぐに実践できます。また、アロマ・アドバイザー資格を所得し、講師を目指している方にも適した内容です。

講師:中山道子さん(ナードアロマテラピー協会認定インストラクター、アロマテラピスト)

会場:生活クラブ館会議室(小田急線経堂駅下車徒歩3分) [地図]

受講料:25,000円(CS会員22,500円)

日時:11月2日、16日、30日(金)10:30~12:30 全3回

定員:15名


[申し込みフォーム]

CIMG2563

【報告】

3月に行われるメディカルハーブ検定試験に対応した講座でした。テキストに沿って、ハーブティーを飲んだり、スチームを体験したり、クリームを作ったりと実際に香り、味、気持ち体の変化等を体感していただき、記憶にも深く印象付けられた講座内容でした。試験を受けられる方向けでしたが、ハーブに興味をお持ちの方にも、生活の中に取り入れる方法や、楽しみ方、体の不調にも効果を実感でき、大変満足していただけた講座でした。

 

【受講者のみなさまの声】

・生活の中に取入れ易く、もっと深く知りたいなぁと思いました。(40歳代)

・実際に利用できる形として、お勉強できてとてもうれしいです。生活に取り入れたいです。(40歳代)

・大変興味深く楽しく受講させて頂きました。試してみたいことが沢山!まさに目からウロコの講座でした。先生のあたたかなお人柄もステキ!!感謝しています。(50歳代)

 


 

古代から健康維持に飲み継がれてきたハーブ。メディカルハーブは、健康の維持増進や生活習慣病の改善に穏やかに作用します。使い方、安全性や有用性など、ハーブを楽しむために知っておきたい基礎知識を身につけて、心と体に役立てましょう。15種のハーブセット、実習材料費約4,500円を含む受講料です。 第12回メディカルハーブ検定(2013年3月3日開催)試験対策講座です。

*事前に「メディカルハーブ検定テキスト」(2,940円:池田書店)をご購入ください。

(希望者に はこちらで用意いたします。)

講師:中山道子さん(日本メディカルハーブ協会ハーバルセラピスト)

会場:生活クラブ館会議室(小田急線経堂駅下車徒歩3分) [地図]

受講料:28,000円(CS会員25,200円)

日時:1月25日、2月1日、8日、15日(金)10:30~12:30 全4回

定員:15名


[申し込みフォーム]



本の紹介
スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911