「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

市民講座報告

 

CIMG0569 CIMG0564 CIMG0562

【受講された皆様の声】

・事故から6年7ケ月、村は動いているとのことですが、今回の詳細な座学が、現地への訪ねる参考となりました。菅野栄子さんのDVDのお話は人柄が伝わり、私達に問題を提言して下さいました。(60歳代 女性)

・改めて帰村の難しさを実感しましたが、同時に少し希望も見えて来た感じも得られ勉強になりました。(60歳代 男性)

・現状を少しでも(かなり)知ることができて、よかった。(60歳代 女性)

—————————————————————————————————————————————-

「までい(真手)ライフ」を掲げ、循環型農業を基盤とした独自のまちづくりで全国から注目されていた飯舘村は、福島第一原発事故によって全村避難を余儀なくされました。今年3月末、避難指示が解除されて6年ぶりに帰村が可能になった今、村はどうなっているのか。村の再生に向けてどんな働きがうまれているのか。震災後、何度も村に足を運んできた講師に語っていただきます。

講   師:行友弥さん((株)農林中金総合研究所特任研究員)

日 時:2017年10月28日(土) 13:30~15:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員30名>

 

CIMG0488 CIMG0487 CIMG0494

【受講された皆様の声】

・昨年のツアーでもお世話になりました。先日、岩手の自治体の税、「いつまで全袋検査やったらいのか、もう出ないのに」と言っていました。BSE検査のときと似ていますが、全国画一的な取り組みでないだけ複雑です。リスクの高いところに絞り込んで対策・・・の話ですが、まず全域を網羅した調査が必要なこと。高リスクエリアの絞り込みが「人為的」ととられるリスクをどう解決するかなど時間がかかると思いました。また話を聞かせてください。(50歳代 女性)

・今まで何をやってきたのかということがわかった。データをとること、そしてそれを活かすこと、でも数字だけでない福島の人たちの気持ちも今日の石井先生の話からくみとることが出来ました。何が起こってもおかしくない今日この頃、もっと農業やエネルギーのことについて考えなくてはいけないと考えました。本当に人ごとではないです。(40歳代 女性)

・福島で行われている米の対策が良く判り、理解できた。チェルノブイリの事故と福島の事故の違いが良くわかった。石井先生の現場での働きに脱帽する。これからも頑張って下さい。原発が及ぼす影響が改めて大きいことを改めて感じた。(50歳代 女性)

————————————————————————————————————

講   師:石井秀樹さん
(福島大学うつくしまふくしま未来支援センター 農・環境復興支援部門 特任准教授)

日 時:2017年9月9日(土) 13:30~15:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員50名>

★こちらの講座は、託児利用(有料)が可能です。
託児料:1時間1,200円(エッコロたすけあい加入者400円)
※エッコロたすけあいとは、生活クラブ生協の組合員同士の助け合いのしくみです。
託児は生活クラブ館内の別会場で行います。詳しくはCS事務局までお問い合わせ下さい。

 

CIMG0455 CIMG0456 CIMG0452

【受講された皆さまの声】

・仕事で日本の伝統食の良さを伝える活動をしておりますが、実際に高取保育園の子ども達の元気な様子を見て、さらに自分の活動に精を出そうという力をいただきました。ありがとうございました。(30歳代 男性)

・映画の終了後のおみそ汁があって、目でみて、舌やにおいで感じられてとてもよかったです。食に対して信念が感じられました。食にまつわるひとつひとつに意味があることが伝わってきます。私も日頃の食育のひとつひとつの意味を考え(自分でも味わい)伝えていける人になりたいと思いました。(60歳代 女性)

・とっくに成人した娘や息子たちに、何を食べさせていたのか?今更ながら、食が身体を作る大切さをきちんと伝えられていなかったという思いです。おみそ汁がいただきたくなる所で、美味しいお味噌汁が出てくる所がうれしい!!!子供たちの姿にほっこりして、大切なことたくさん見直す機会になり、有意義な時間でした。ありがとうございました。(50歳代 女性)

・とても心温まる映画でした。お味噌汁も具がたっぷりでおいしかったです!「食べることは生きる事」改めて実感させていただくことができました。(20才代 女性)・どちらもとてもすてきな内容で涙が出てきました。私も子どもが生まれてから、食事には気をつけてきたつもりでしたが、みそや梅干しは作ったことがないし、2才の息子にもあまり食事づくりの手伝いをさせていなかったけれど、これから少しずつ、一緒に楽しんでやっていけたらいいなと思いました。(30歳代 女性)

・和食の良さを再認識でき、とても良かったです。おみそ汁もとてもおいしく、帰って家族にもおいしいおみそ汁を作ってやらねばという思いを強くしました。乳幼児をおもちの若い世帯の方に多く観てもらいたいと思いまいました。(40歳代 女性)

・立派な下顎と素晴らしい歯並びが子どもたちの元気な身体で精神、こころを象徴していると思いました。次の世代へよりよい環境をという思いがまた強くなりました。(50歳代 女性)

・西園長先生が子どもたちを抱きしめる場面に心打たれました。ぎゅっと抱きしめられた子どもはどんなに安心な気持ちだったことでしょう。若いお母さんたちにぜひ見ていただきたい映画ですね。(50歳代 女性)

————————————————————————————————————————–

福岡市高取保育園の給食は、玄米・味噌汁・納豆中心の伝統和食。園児たちの姿を通して和食の大切さを描いたドキュメンタリー映画「いただきます」と、同保育園を卒園、「はなちゃんのみそ汁」でおなじみの安武はなちゃんと父親の最近を描いた短編ドキュメンタリーを上映します。VIN OOTA監督は、未公開映像を上映しながら、食養生についてお話し下さいます。

 

<午前・午後 2回上映>

講   師:VIN OOTAさん
(ドキュメンタリー映画「いただきます」監督、Film Director Photographer)

日 時:2017年7月8日(土) ①10:30~13:00 ②14:30~17:00
※こちらの講座のみ午前と午後の2回上映となっておりますので、
お申し込みの際はご注意下さい!

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:各上映会ごと1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円 小学6年生以下1,000円)

※みそ汁付きの為、お椀とお箸をご持参ください‼

<定員 ①80名 ②80名> 終了いたしました。

 

CIMG0398 CIMG0395 CIMG0399

【受講された皆さまの声】

・20年以上愛読している本の著者さんで、来てみて大変良かったです。調理の仕事をしております。一人一人ができることをやっていく、というのがとても心に響きました。ありがとうございました。(40歳代 女性)

・自分で考えている様で、わかっていないこと、気づいていないことがあること。楽しいお話なのに内容が深い。初めて講座に参加したけれど又来てみたいと思いました。(40歳代 女性)

・実家が農家のため、旬の話しはとても共感しました。(40歳代 女性)

・牛乳パックの話は意外でした。料理教室で学んだ、知っている、作れると満足していたこと、やっぱり違うのだと。考えているつもりが鵜呑みにしていることが多いなぁと。

(60歳代 女性)

・おもしろかった。楽しかった。痛快でした。「アリバイエコ」という言葉の意味が分からなくて、話しを聞きたいと思い申込みました。正確に理解したか、自信ありませんけど、すみません。(60歳代 女性)

————————————————————————————————————————————-

「暮らしを楽にしたい」は昔も今も変わらない人間の願望です。その結果、私たちが手に入れた簡単便利な生活は環境破壊につながると考え、「エコ生活」を意識する人が増えています。でも、やはり化石燃料を使うことを前提にしていませんか?人力と自然エネルギーを使った真のエコな食べ方、暮らし方をするために知恵をしぼりましょう。

 

講   師:魚柄仁之助さん(食文化研究家、エッセイスト)

日 時:2017年7月1日(土) 13:30~15:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員50名> 終了いたしました。

★こちらの講座は、託児利用(有料)が可能です。
託児料:1時間1,200円(エッコロたすけあい加入者400円)
※エッコロたすけあいとは、生活クラブ生協の組合員同士の助け合いのしくみです。
託児は生活クラブ館内の別会場で行います。詳しくはCS事務局までお問い合わせ下さい。

 

CIMG0406 CIMG0413 CIMG0415 CIMG0431 CIMG0436 CIMG0445

【受講された皆さまの声】

・都市農業のたいせつさがよくわかりました。これからもよい物を沢山つくっていってほしいと思います。(60歳代 女性)

・加藤さんのお話、とても心にひびきました。都市農業まもっていきたいです。近所でもよく買ってます(野菜)。(40歳代 女性)

・お話し(講座)は、とても興味深かったです。もっと都市農業のことを知りたかったです。お料理はおいしかったです。(50歳代 女性)

・都市における農業の必要性と可能性についてあらためて学べました。ありがとうございました。(60歳代 女性)

・ブルーベリー摘みとともの食のことが良く判って大変役に立った。白石さんありがとうございます。練馬区に自然や畑が沢山あり感激した。(60歳代 女性)

———————————————————————————————————–

講師は江戸時代から続く練馬区の農家で、消費者参加型の新しい体験農園スタイルを発案・実践してきたひとり。今回は、白石農園でブルーベリー摘みを楽しんだ後、農園レストラン「La毛利」でランチを楽しみながら、講師の親友でもある白石好孝さんと都市農業について語り合っていただきます。

 

講   師:加藤義松さん
(「緑と農の体験塾」園主、全国農業体験農園協会理事長、東京農業大学客員研究員)

日 時:2017年7月5日(水) 10:30~13:00

会 場:白石農園・La毛利(練馬区大泉町)

受講料:3,900円(CS 3,750円  生ク 3,825円)※ブルーベリー摘み、昼食代を含む

<定員30名> ※終了しました。

 

CIMG0460 CIMG0463 CIMG0466 CIMG0467 CIMG0473 CIMG0474

【受講された皆様の声】

・あじがどれもおなじでびっくりした。(1年生 女子)

・おなじものをつかっても、「いろ」と「かおり」をつけただけで、あじがかわってちょっとびっくりした。(1年生 女子)

・ぶどうとうかとうえきがとうもろこしからできていることがわかった。(3年生 男子)

・おなじものから作られているのにびっくりした。(4年生 男子)

・色いろなかおりや、色があっておもしろかった。(3年生 女子)

・ジュースができるのは、いろいろな粉や液体をまぜることで、できるということがわかりました。(5年生 女子)

・ほんとのジュースのあじがしたのでおもしろかったです。(4年生 男子)

・色やかおりをつけているかじゅう0%のもの(ファンタなど)もあったのでびっくりした。(5年生 女子)

・いろいろなことを、しったり、いろをけんきゅうしたり、いろいろのんで見たりしてたのしかった。(2年生 女子)

・おもしろかった。いい経験になった。ジュースのことがしれてよかった。また行きたい。(5年生 男子)

———————————————————————————————————————————————–

夏休みのお出かけは、水筒持参ですか?自販機やコンビニで飲み物を買うのを楽しみにしているかもしれませんね。そんな時、ちゃんと選べるように、飲み物探検隊に入りませんか。探検と言っても売場に行くのではなく、無果汁飲料を作ってみたり、商品のラベルの簡単な見方を勉強したり・・・夏休みの自由研究にも役立ちます。

 

<小学生対象>

講   師:近藤惠津子さん(CSまちデザイン理事)

日 時:2017年8月1日(火) 10:30~12:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,000円

<定員15名> ※終了しました。

※原則的に保護者の方の見学又は付き添いはご遠慮頂いております。

★こちらの講座は、託児利用(有料)が可能です。
託児料:1時間1,200円(エッコロたすけあい加入者400円)
※エッコロたすけあいとは、生活クラブ生協の組合員同士の助け合いのしくみです。
託児は生活クラブ館内の別会場で行います。詳しくはCS事務局までお問い合わせ下さい。

 

CIMG0528 CIMG0529 CIMG0525

【受講された皆様の声】

・本部がいちばんもうかるようにできているシステムに驚きました。あったら便利と思わずにコンビニはいらないと言うことなんだなと思いました。近所でもコンビニができては消えるというのをみると大変だったんだろうなぁ・・・と空店舗をみて感じます。(50歳代 女性)

・コンビニはいろいろ問題があるとは思っていたが、ここまでか!という感じです。簡単便利はこわいと思うようになってきました。(50歳代 女性)

・今までコンビニというと、添加物やはいきの事ばかり思っていましたが、その奥の事まで聞き、食べものをとおして大きな社会問題を見せていただいたと思います。特にフランチャイズという言葉はよく聞きますが、そのシステムの中身など知らなかったので勉強になりました。(50歳代 女性)

・とても身近で便利な存在でありながら、その中身の実情を全く知らなかったです。これからは身近だからこそ、知っていくようにしたいです。(50歳代 女性)

——————————————————————————————————————————–

たべものラボでは、スイーツ、コーヒー惣菜などの商品を切り口に、コンビニ食品の問題点を考えてきました。今回は、DVD「コンビニのひみつ」を視聴しながら、食品廃棄を中心に労働の視点も加えて、コンビニシステムの問題を探ります。私たちの便利な暮らしは社会のどんな問題とつながっているのか、ご一緒に考えましょう。

 

講   師:近藤惠津子さん(CSまちデザイン理事)

日 時:2017年9月29日(金) 10:30~12:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,000円

<定員20名>

★こちらの講座は、託児利用(有料)が可能です。
託児料:1時間1,200円(エッコロたすけあい加入者400円)
※エッコロたすけあいとは、生活クラブ生協の組合員同士の助け合いのしくみです。
託児は生活クラブ館内の別会場で行います。詳しくはCS事務局までお問い合わせ下さい。

 

CIMG0369 CIMG0374 CIMG0375 CIMG0376 CIMG0377 CIMG0382

【受講された皆さまの声】

・シンプルな素材なのに、だしの味がしっかりと味わえる原点のような材料がとても良かった。(50歳代 女性)

・漠然と知ったつもりでいても、もどき料理は億が深いですね。様々な時代背景、流行、環境等の問題から工夫して料理を楽しんでいた江戸時代の人々の暮らしが見えるようです。ぜひ日常の食卓にもお客様にも食べさせてあげたいと思いました。(50歳代 女性)

・今回も楽しく、美味しく参加させていただきました。「もどき料理」ということで、江戸の人々の発想の豊かさに驚かされます。「鯨を見たことがあったんだなぁ」とか「山吹の花はポピュラーだったんだなぁ」とか・・・。楽しかったです。ありがとうございました。(60歳代 女性)

・初めて参加させていただき、料理楽しくおいしくとても良かったです。色々工夫された昔の人に感激!また参加できたらと思います。先生、スタッフの方々ありがとうございました。(60歳代 女性)

・鶏卵様(たまごどうふ)は、本当に卵に見えて楽しめました。ネーミングも大切な要素のひとつなのがよくわかりました。(40歳代 女性)

・江戸時代の人々の素敵な工夫と遊び心を感じることができ大変良かったです。(50歳代 女性)

————————————————————————————————————

<連続2回>

講   師:江原絢子さん(東京家政学院大学名誉教授)

日 時:2017年 座学:6月8日(木)調理実習:6月22日(木) 10:30~12:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:4,000円(CS 3,600円  生ク 3,800円)※材料費別途800円

<定員20名> 終了しました。

★こちらの講座は、託児利用(有料)が可能です。
託児料:1時間1,200円(エッコロたすけあい加入者400円)
※エッコロたすけあいとは、生活クラブ生協の組合員同士の助け合いのしくみです。
託児は生活クラブ館内の別会場で行います。詳しくはCS事務局までお問い合わせ下さい。

1 (1) 1 (16) 1 (3) 1 (12) 1 (14) CIMG0517

【受講された皆様の声】

・江戸の外食文化は、今日のお話をきっかけに自分でもいろいろ調べてみたいと思いました。とても興味深いお話ありがとうございました。EDOECOプロジェクトについては、今日初めて知りました。和食を大切にし、これからずっと広めていきたいと思える講座でした。美しさの分類4つはとても興味深かったです。(50歳代 女性)

・毎回新しい発見のできる講座なので楽しく参加させていただいています。家庭での参考にできる工夫をして役立てていきたいと思います。(50歳代 女性)

・今回で4回目になります。毎回、新しい発見があり、楽しく拝聴させていただいています。外食という観点からのお話はとても興味深く、もう少しお話をききたいと思いました。おそば、おすしのルーツがわかり、これから食べる時にまた楽しくなりました。(60歳代 女性)

・今日もありがとうございました。講座の内容も楽しく次世代へつなぐこと・・・意識できました。お食事もどれも美味しかったので、とても有意義な時間を過ごせました。阿部さんのお話も参考になりました。(40歳代 女性)

——————————————————————————————————————————————————-

江戸時代には、忙しい人々が簡単な食べられる食事が屋台などで振る舞われ、今でいうファーストフード店が登場したと言われます。どんな内容でどんな人たちが利用していたのでしょう。江戸時代に花開いた外食文化に思いを馳せ、現代の食事情について考えます。今回は与の重の江戸の江戸エコ行楽重(特別バージョン)をいただきます。

 

講   師:

大久保洋子さん((一社)日本家政学会 食文化研究部会、元実践女子大学教授)

安部憲昭さん(皇居外苑楠公・北の丸レストハウス総支配人・総料理長)

日 時:2017年9月22日(金) 10:30~13:00

会 場:楠公レストハウス(東京メトロ二重橋前駅より徒歩5分)

受講料:4,000円(CS 3,600円  生ク 3,800円)※昼食代を含む

<定員20名>


[申し込みフォーム]

 

CIMG0534 CIMG0530 CIMG0541

【受講された皆様の声】

・邱先生のお話、とても分かりやすく引きこまれました。ユーモアを交えて、まだまだお話をお伺いしたかったです。ありがとうございました。(40歳代 女性)

・季節柄、ジャストタイミングでの講座でした。毎回ユーモアを交えて楽しく聴かせていただき、本日もあっという間の2時間でした。日常に活用出来る養生法は大変うれしく感謝申し上げます。ありがとうございました。(60歳代 女性)

・いつも軽快なお話しで、思わず引き込まれてしまいます。身体への大切な考え方、漢方との付き合い方が、とてもわかりやすく楽しく覚えられます。次回も楽しみです。(50歳代 女性)

・いつも時間を忘れるくらいひきこまれる楽しい講座です。脾、心の養生、気にかけて生活していきたいと思います。次回の講座も楽しみにしています。(60歳代 女性)

・楽しい語り口の中に重要なお話がちりばめられていて、内容がぎゅっ!とつまった講座でした。漢方についてもっと学びたいと思いました。(50歳代 女性)

——————————————————————————————————————————-

女性はライフサイクルに応じて特有な症状が見られます。「ココロとからだ」の不調は漢方的養生法で解決してみませんか?今回はココロと五臓(肝・心・脾・肺・腎)の関係を重点に、漢方婦人科専門の邱先生ならではの食事や生活、漢方薬のアドバイスをしていただきます。ぜひ漢方的養生法を学び、日常生活に役立てましょう。

 

講   師:邱紅梅さん(中医師、桑楡堂薬局顧問、北京中医薬大学非常勤講師)

日 時:2017年10月4日(水) 10:30~12:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員50名>

★こちらの講座は、託児利用(有料)が可能です。
託児料:1時間1,200円(エッコロたすけあい加入者400円)
※エッコロたすけあいとは、生活クラブ生協の組合員同士の助け合いのしくみです。
託児は生活クラブ館内の別会場で行います。詳しくはCS事務局までお問い合わせ下さい。



本の紹介
スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911