「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

市民講座報告

 

CIMG0455 CIMG0456 CIMG0452

【受講された皆さまの声】

・仕事で日本の伝統食の良さを伝える活動をしておりますが、実際に高取保育園の子ども達の元気な様子を見て、さらに自分の活動に精を出そうという力をいただきました。ありがとうございました。(30歳代 男性)

・映画の終了後のおみそ汁があって、目でみて、舌やにおいで感じられてとてもよかったです。食に対して信念が感じられました。食にまつわるひとつひとつに意味があることが伝わってきます。私も日頃の食育のひとつひとつの意味を考え(自分でも味わい)伝えていける人になりたいと思いました。(60歳代 女性)

・とっくに成人した娘や息子たちに、何を食べさせていたのか?今更ながら、食が身体を作る大切さをきちんと伝えられていなかったという思いです。おみそ汁がいただきたくなる所で、美味しいお味噌汁が出てくる所がうれしい!!!子供たちの姿にほっこりして、大切なことたくさん見直す機会になり、有意義な時間でした。ありがとうございました。(50歳代 女性)

・とても心温まる映画でした。お味噌汁も具がたっぷりでおいしかったです!「食べることは生きる事」改めて実感させていただくことができました。(20才代 女性)・どちらもとてもすてきな内容で涙が出てきました。私も子どもが生まれてから、食事には気をつけてきたつもりでしたが、みそや梅干しは作ったことがないし、2才の息子にもあまり食事づくりの手伝いをさせていなかったけれど、これから少しずつ、一緒に楽しんでやっていけたらいいなと思いました。(30歳代 女性)

・和食の良さを再認識でき、とても良かったです。おみそ汁もとてもおいしく、帰って家族にもおいしいおみそ汁を作ってやらねばという思いを強くしました。乳幼児をおもちの若い世帯の方に多く観てもらいたいと思いまいました。(40歳代 女性)

・立派な下顎と素晴らしい歯並びが子どもたちの元気な身体で精神、こころを象徴していると思いました。次の世代へよりよい環境をという思いがまた強くなりました。(50歳代 女性)

・西園長先生が子どもたちを抱きしめる場面に心打たれました。ぎゅっと抱きしめられた子どもはどんなに安心な気持ちだったことでしょう。若いお母さんたちにぜひ見ていただきたい映画ですね。(50歳代 女性)

————————————————————————————————————————–

福岡市高取保育園の給食は、玄米・味噌汁・納豆中心の伝統和食。園児たちの姿を通して和食の大切さを描いたドキュメンタリー映画「いただきます」と、同保育園を卒園、「はなちゃんのみそ汁」でおなじみの安武はなちゃんと父親の最近を描いた短編ドキュメンタリーを上映します。VIN OOTA監督は、未公開映像を上映しながら、食養生についてお話し下さいます。

 

<午前・午後 2回上映>

講   師:VIN OOTAさん
(ドキュメンタリー映画「いただきます」監督、Film Director Photographer)

日 時:2017年7月8日(土) ①10:30~13:00 ②14:30~17:00
※こちらの講座のみ午前と午後の2回上映となっておりますので、
お申し込みの際はご注意下さい!

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:各上映会ごと1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円 小学6年生以下1,000円)

※みそ汁付きの為、お椀とお箸をご持参ください‼

<定員 ①80名 ②80名> 終了いたしました。

 

CIMG0398 CIMG0395 CIMG0399

【受講された皆さまの声】

・20年以上愛読している本の著者さんで、来てみて大変良かったです。調理の仕事をしております。一人一人ができることをやっていく、というのがとても心に響きました。ありがとうございました。(40歳代 女性)

・自分で考えている様で、わかっていないこと、気づいていないことがあること。楽しいお話なのに内容が深い。初めて講座に参加したけれど又来てみたいと思いました。(40歳代 女性)

・実家が農家のため、旬の話しはとても共感しました。(40歳代 女性)

・牛乳パックの話は意外でした。料理教室で学んだ、知っている、作れると満足していたこと、やっぱり違うのだと。考えているつもりが鵜呑みにしていることが多いなぁと。

(60歳代 女性)

・おもしろかった。楽しかった。痛快でした。「アリバイエコ」という言葉の意味が分からなくて、話しを聞きたいと思い申込みました。正確に理解したか、自信ありませんけど、すみません。(60歳代 女性)

————————————————————————————————————————————-

「暮らしを楽にしたい」は昔も今も変わらない人間の願望です。その結果、私たちが手に入れた簡単便利な生活は環境破壊につながると考え、「エコ生活」を意識する人が増えています。でも、やはり化石燃料を使うことを前提にしていませんか?人力と自然エネルギーを使った真のエコな食べ方、暮らし方をするために知恵をしぼりましょう。

 

講   師:魚柄仁之助さん(食文化研究家、エッセイスト)

日 時:2017年7月1日(土) 13:30~15:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員50名> 終了いたしました。

★こちらの講座は、託児利用(有料)が可能です。
託児料:1時間1,200円(エッコロたすけあい加入者400円)
※エッコロたすけあいとは、生活クラブ生協の組合員同士の助け合いのしくみです。
託児は生活クラブ館内の別会場で行います。詳しくはCS事務局までお問い合わせ下さい。

 

CIMG0406 CIMG0413 CIMG0415 CIMG0431 CIMG0436 CIMG0445

【受講された皆さまの声】

・都市農業のたいせつさがよくわかりました。これからもよい物を沢山つくっていってほしいと思います。(60歳代 女性)

・加藤さんのお話、とても心にひびきました。都市農業まもっていきたいです。近所でもよく買ってます(野菜)。(40歳代 女性)

・お話し(講座)は、とても興味深かったです。もっと都市農業のことを知りたかったです。お料理はおいしかったです。(50歳代 女性)

・都市における農業の必要性と可能性についてあらためて学べました。ありがとうございました。(60歳代 女性)

・ブルーベリー摘みとともの食のことが良く判って大変役に立った。白石さんありがとうございます。練馬区に自然や畑が沢山あり感激した。(60歳代 女性)

———————————————————————————————————–

講師は江戸時代から続く練馬区の農家で、消費者参加型の新しい体験農園スタイルを発案・実践してきたひとり。今回は、白石農園でブルーベリー摘みを楽しんだ後、農園レストラン「La毛利」でランチを楽しみながら、講師の親友でもある白石好孝さんと都市農業について語り合っていただきます。

 

講   師:加藤義松さん
(「緑と農の体験塾」園主、全国農業体験農園協会理事長、東京農業大学客員研究員)

日 時:2017年7月5日(水) 10:30~13:00

会 場:白石農園・La毛利(練馬区大泉町)

受講料:3,900円(CS 3,750円  生ク 3,825円)※ブルーベリー摘み、昼食代を含む

<定員30名> ※終了しました。

 

CIMG0369 CIMG0374 CIMG0375 CIMG0376 CIMG0377 CIMG0382

【受講された皆さまの声】

・シンプルな素材なのに、だしの味がしっかりと味わえる原点のような材料がとても良かった。(50歳代 女性)

・漠然と知ったつもりでいても、もどき料理は億が深いですね。様々な時代背景、流行、環境等の問題から工夫して料理を楽しんでいた江戸時代の人々の暮らしが見えるようです。ぜひ日常の食卓にもお客様にも食べさせてあげたいと思いました。(50歳代 女性)

・今回も楽しく、美味しく参加させていただきました。「もどき料理」ということで、江戸の人々の発想の豊かさに驚かされます。「鯨を見たことがあったんだなぁ」とか「山吹の花はポピュラーだったんだなぁ」とか・・・。楽しかったです。ありがとうございました。(60歳代 女性)

・初めて参加させていただき、料理楽しくおいしくとても良かったです。色々工夫された昔の人に感激!また参加できたらと思います。先生、スタッフの方々ありがとうございました。(60歳代 女性)

・鶏卵様(たまごどうふ)は、本当に卵に見えて楽しめました。ネーミングも大切な要素のひとつなのがよくわかりました。(40歳代 女性)

・江戸時代の人々の素敵な工夫と遊び心を感じることができ大変良かったです。(50歳代 女性)

————————————————————————————————————

<連続2回>

講   師:江原絢子さん(東京家政学院大学名誉教授)

日 時:2017年 座学:6月8日(木)調理実習:6月22日(木) 10:30~12:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:4,000円(CS 3,600円  生ク 3,800円)※材料費別途800円

<定員20名> 終了しました。

★こちらの講座は、託児利用(有料)が可能です。
託児料:1時間1,200円(エッコロたすけあい加入者400円)
※エッコロたすけあいとは、生活クラブ生協の組合員同士の助け合いのしくみです。
託児は生活クラブ館内の別会場で行います。詳しくはCS事務局までお問い合わせ下さい。

 

CIMG0031 CIMG0024 CIMG0030

【受講された皆様の声】

・都市農業が、ただ農産物を生産する場だけでなく、防災面でも大きな役割を担っていることを強く感じました。都市においても地方においても歩いて行ける範囲に農地、農家があることが、多様な意味で必要であると学びました。(20才代 女性)

・普段、生産者視点が食と農について考えがちになっているので、生活者視点での今回の学びはとても勉強になりました。(20才代 男性)

・地方に住んでいるので都会からの視点で農業のはなしを興味深く聞くことが出来てよかったです。ルッコラ、トウガラシが全国で1位だと知ってびっくりしました。都会の農業が身近に感じました。(50歳代 女性)

・とても有意義な講演でした。これからの農業の行方、必要性、特に防災の視点からの必要性もよくわかりました。自分の住んでいる場所でできることを考えていきたいと思います。(60歳代 女性)

・10周年記念にふさわしくCSらしいテーマをとりあげて本当に有意義な講座で参加できて本当に良かったです。若者の「就農」という言葉がとても印象的でした。皆が前向き一生懸命かかわりをもちながら生きていく姿が感動的です。(60歳代 女性)

・10周年おめでとうございます。都市農協の価値と将来性について若者の市民の参加を見通す。10周年にふさわしい元気のでる講座だったと思います。お三人とも熱意あふれるスピーチトークで楽しく、あっという間の2時間でした。私も都市農業は日本全体の農業の見直しに大きく貢献するものと確信して活動しています。(60歳代 女性)

—————————————————————————————————

いずれ起きるであろう大震災。食べ物とエネルギーを地方にもっぱら依存してきた

コンクリート都市・東京の惨状は神戸や東北の比ではありません。

士や農とつながりのない人はつながりのない人は生き延びられないのでは?!

3人の論客が多いに語り、問題提起を行います。皆さんに「今すぐ始めなければならないこと」を

考え、一歩を踏み出していただくための講座です。

 

講   師:

大江正章さん(コモンズ代表)

白石好孝さん(「大泉風のがっこう」主宰)

榊田みどりさん(農政ジャーナリスト、明治大学客員教授)

 

日 時:2017年2月4日(土) 13:30~16:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,000円

<定員 100名>

 

CIMG0216 CIMG0229 CIMG0195

 

CIMG0219 CIMG0218 CIMG0222

【受講された皆様の声】

・齋田さん、松澤さんお二人の講師のていねいなレクがとてもよかったです。庭先(沿岸)漁業に新規参入の道があるならやはり半農半漁かなと思わされました。(60歳代 女性)

・江戸野菜の時も身近な野菜におどろきましたが、漁もこんなに身近に漁業組合があって東京湾にこんなに多くの魚がいることにおどろきました。地産地消がもっともっと広まっていく社会づくりが出来るといいなと思います。第一産業がもっと活発、発展していくといいと思いますが後継者の少ないのは心配な課題です。(60歳代 女性)

・アナゴ天が大変美味!柴漁港に近く住んでいる方がうらやましいです。漁師さん方のご努力に心が動きました。海にかこまれた日本で料理さんが漁業で食べていけないとは妙な話です。日本の漁業の発展(海にも魚にも人にも良い)を心から祈ります。(60歳代 女性)

・皆さんの努力で東京湾の海の資源がほうふになっている事がよくわかりました。アナゴの筒漁のビデオはおもしろかった。どんぶりはとてもおいしかったです。(60歳代 女性)

————————————————————————————————

江戸の食料庫だった東京内湾は、都市生活と隣り合わせ。変化する環境の中、

柴漁港では、とりすぎな漁業で、アナゴやシャコの漁を復活させました。

漁師や漁協の皆さんの思いや創意工夫について伺います。

柴漁協に上がった魚の丼をいただくのも楽しみです。

 

講   師:

齋田芳之さん(横浜市漁業協同組合理事、漁業士)

松澤昭彦さん(横浜市漁業協同組合参事)

日 時:2017年3月12日(日) 12:00~14:30

会 場:横浜市漁港 柴支所(横浜シーサイドライン海の公園柴口駅下車徒歩6分)

受講料:2,800円(CS 2,650円  生ク 2,725円)

※食事代を含む

<定員 30名>

 

CIMG9975 CIMG9966 CIMG9974

【受講された皆様の声】

・ワインの奥深さは底知れない気がします。ワインをとりまく状況などまた最新の情報(バージニアへ行かれたときの話)を伺うことができ、よかったです。お料理とワインのマリアージュも参考になりました。中華とワインも合うのですね。これもワインの奥深さですね。最近日本酒がフランス料理に合うとよくとりあげられますが、中華と日本ワインもよいかも、、、と思いました。(50歳代 女性)

・「日本ワイン」の現状が良くわかった。面白かった。普通とは違う(中華)マリアージュをありがとうございました。(男性)

・とても勉強になりました。地方創生などにも携わっているので、ワインの知識だけでなく地方産業についても学べました。(40歳代 女性)

・日本ワインについて、一端がわかって面白かった。お料理も非常によくワインに合っており、おいしい。意外な組み合わせなど興味深かった。おかゆの生姜と赤ワインなど、おどろき。ワインがどこで買えるか知りたかった。(60歳代 女性)

・ワインとお料理に合わせたものが初めてしりました。ワインとお料理についてきめ細かく説明してくれて勉強になり、試食に加えての学習に参加できてよかったです。是非このような機会に参加できたらいいなぁと思います。(40歳代 女性)

・なかなか自分で出来ないワインと料理のマリアージュなるほど!!と参考になりました。日本ワインおいしいと思える時がやって来たなど、、、今後は購入したいと思います。(40歳代 女性)

・鹿取先生の熱いトークで楽しませて頂きました。又、本日のワインの選定もすばらしく痛感しました。ありがとうございました。(40歳代 男性)

————————————————————————————————-

日本ワインと料理のマリアージュを楽しみつつ日本ワインの現状を学ぶ人気講座。

国産ブドウ100%を国内で醸造したもののみ「日本ワイン」とする表示義務化の決定後、

大手ワイナリーから新規参入企画まで国産ブドウの調達に乗り出し、農業現場では

ブドウや苗木の争奪戦が激化。今何が起きているのか日本ワイン研究の第一人者が

解説します。

 

講   師:鹿取みゆきさん(信州大学特任教授、フード&ワインジャーナリスト)

日 時:2017年1月7日(土) 18:00~20:00

会 場:CAFE BLEU(カフェ ブリュ)(JR渋谷駅下車徒歩5分、京王井の頭線神泉駅下車徒歩2分)

受講料:7,200円(CS 6,480円  生ク 6,840円)

※ワイン・食事代含む

<定員30 名>

 

CIMG9955 CIMG9951 CIMG9950

【受講された皆様の声】

・「スーパーフード」という言葉は聞きなれない初めての言葉でした。講座を聞くことで世の中の流れがよくわかりました。(思い出されました。)今日聞いたスーパーフードの数々のことも頭の中に入れつつ、様々な食べ物を摂り入れたいと思いました。いつの時代も健康が第一。「健体康心」に心があることがうれしかったです。(40歳代 女性)

・ありがとうございました。「スーパーフード」について全く知識がなかったのですが、とても興味を持ちました。実は「食べてはいけない」という結論になるのかなと思っていたのですが、身体によいということだったので、少しは食べても良いのかなと思いました。色々なものに挑戦してみたいと思います。(40歳代 女性)

・とてもチャーミングな先生で、楽しく学ぶことが出来ました。食文化を出版物やマーケティングの視点からうかがえてよかったです。(40歳代 女性)

・江戸時代から現在までの食生活の流れについて、きめ細かく説明が聞けて勉強になりました。健康食品の種類、スーパーフードの種類について話が聞けて参考になりました。(40歳代 女性)

————————————————————————————-

すばらしい栄養効果を持つ食品として、スーパーフードが流行っています。

でも、これさえ食べれば元気でいられるの?どう取り入れればいいの?

疑問は尽きません。カラダにいいと言われる食べ物を追求し続けてきた

講師から付き合い方を学びましょう。

 

講   師:畑中三応子さん(編集プロダクション「オフィスSNOW」代表)

日 時:2016年12月8日(木) 10:30~12:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員30 名>

 

CIMG0008 CIMG0015 CIMG0012

【受講された皆様の声】

・大変参考になりました。春から中学生になった娘の食生活が気になり、参加しました。娘にも話しをして、一緒に食生活を楽しみたいと思いました。本日はありがとうございました。(40歳代 女性)

・スポーツの食といっても普通に人間が健康に生活するための食事と考えて、基本をしっかりすることが大切と実感しました。選手生命の勝敗よりも、人間としてのQOLがずっとつづくものですものね。大変、有意義な講義ありがとうございました。ありがとうございました。(40歳代 女性)

・プロテインをのませることに抵抗があり、本当に大丈夫なのかと心配だったので是非きいてみたくて参加しました。やはり食材から摂るのが一番だということ、しかも朝ごはんをもっとしっかりしてあげないといけないと感じました。(40歳代 女性)

・おにぎり(和食)の大切さを改めて実感しました。レシピを考える時、今まで日常的に使っていない食材も取り入れ、食品から様々な栄養素をとりたいと思いました。(40歳代 女性)

————————————————————————————————–

運動部の生徒たちは大量のご飯を食べるよう指示され、プロテインやアミノ酸飲料で

筋肉をつけようとします。即効性を求めがちですが、長期的に問題はないのでしょうか。

科学的な検証と共に、スポーツする人にふさわしい食のあり方についてお話いただきます。

 

講   師:赤堀博美さん(赤堀料理学園校長、管理栄養士、日本女子大学非常勤講師)

日 時:2017年1月13日(金) 10:30~12:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員30 名>

 

CIMG0043 CIMG0045 CIMG0050

【受講された皆様の声】

・すごーく塩に興味ありです。体の事を考えて、色々な塩を集めて、取り入れていこうと思いました。もっと塩についてしりたくなった講座でした。楽しかったです。ありがとうございました。(30歳代 女性)

・ありがとうございました。先生への塩への愛情が伝わってきました。高血圧と塩との関係に興味があったのですが、お話を聞いてすっきりしました。色々な塩を試してみようと思いました。(50歳代 女性)

・ミネラルの成分による味の傾向の話はおもしろかったです。塩を選ぶときの参考になるのでよくわかって今後に生かそうと思いました。(40歳代 女性)

・塩の奥深さがよくわかりました。家にもいろいろな所の塩がたくさんあります。塩分とりすぎとかよくいわれ悪者扱のようなイメージがあったのですが、塩の重要性はすばらしいことを知りました。塩を自分でももっと楽しもうと思います。(50歳代 女性)

 

————————————————————————————————–

減塩ばかりが言われますが、奥深い塩の基本を知ると、食材との組み合わせの妙や、

塩分の摂取量を自分の身体に聞くことの大切さに気づきます。

塩によって、カラダを命の源である海に戻したいという講師。

科学的な見地も含めた塩ストーリーにご期待ください。

 

講   師:田中園子さん(solcoオーナー、ソルトコーディネーター)

日 時:2017年2月7日(火) 10:30~12:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員 30名>


[申し込みフォーム]



本の紹介
スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911