「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

市民講座報告

会場とスクリーン講座中のPC画面(新潟大学の実証田)

4月25日(日)14:00~17:00

報告者:菅野正寿さん(福島県二本松市・農家民宿『遊雲の里ファーム』主宰、福島県有機農業ネットワーク前理事長)

林薫平さん(福島大学農学群食農学類農業経営学コース准教授)

コーディネーター:行友弥さん(農林中金総合研究所特任研究員)

<シンポジウム報告>

CSまちデザインでは、2011年3月11日の東日本大震災、ならびに東京電力福島第一原子力発電所の事故直後に緊急シンポジウムを実施して以降、毎年「福島応援講座・イベント」「福島スタディツアー」などの活動を継続してきました。丸10年が過ぎた今、これまでの10年を振り返ると共に現状を共有し、これからの10年に私たち一人ひとりが何をすべきかについて考えることを目的に、現地福島とオンラインでつなぎシンポジウムを実施しました。

まずは近藤理事長からこの10年のCSまちデザインの取り組みについて報告。続いてシンポジウムのメインゲスト林薫平、菅野正寿両氏からお話しいただきました。その後、行友弥理事よりの福島の農業・農村の現状についての解説を経て、参加者の質問にお答えいただくと共に、飯舘村からのスペシャルゲスト長正増夫さんと菅野宗夫さんお二人からも発言をいただきました。

都市に住む私たちが「自分事」として考え行動するとはどういうことなのか…まずは知ること、そして福島に出かけて自分の目で見ることからしか始まらないのだと、参加者の皆様に感じていただけたシンポジウムとなりました。

「福島の問題にしないで! 連携の力で「真の復興と廃炉の両立」を」 

福島大学の林薫平先生から、福島の漁業者が試験操業を地道に進め、いよいよ本格操業というところまできたことが報告されました。しかし、処理水の海洋放出決定は、これまで積み上げてきたものを振り出しに戻しかねないものであり、福島の問題にするのではなく、国民全体で考えるべき問題であると強く発言されました。

「山の再生、都市と農村をつなぐコーディネートがこれからの課題」

菅野正寿さん(NPO法人ゆうきの里東和ふるさとづくり協議会 遊雲の里ファーム)は原発事故直後から、農業者と大学などとの協働により、耕しながら課題を解決してきたことを報告くださいました。コロナ禍で耕したいという消費者が増えており、マッチングの大切さも語ってくださいました。

「地域住民の組織を原動力にして、いろいろな活動をすることが大事。高齢者には、長年かけてつくった技術や忍耐力がある」長正増夫さん(飯舘村 大久保外内行政区長)

 「コミュニティの再構築が大事。どうすれば次世代につなげられるか、それは福島だけでない共有の問題」菅野宗夫さん(NPO法人ふくしま再生の会 副理事長、飯舘電力㈱ 社長)

 

<参加されたかたのアンケートより一部紹介>

・処理水の放出の問題について、10年かけて作ってきた信頼関係を1から作り直さなければならない問題だという林先生のお話に、ニュースからは見えてこないこの問題の背景を知ることができました。菅野さんのお話の中にあった地域住民主体の組織や協働の大切さは、普遍的な課題だと思います。実践されてきた方から発せられる提起だからこその重みがありました。コロナ禍において、ついつい目先の課題を考えるばかりの日々ですが、コロナ前から続いている事柄に改めて目を向けなければと反省した次第です。

・アンダーコントロール。汚染水一つ取っても違うのに。私の国をこれ以上傷つけさせない!!という気概を持って頑張ります。

・「復興と廃炉の両立」を何も考えずに受け止めていたが、林先生の説明で政府のプロパガンダであることを知り、事実を知らせようとしない姿勢がここにも表れていることに怒りを感じる。また、脱炭素社会に向けて、原発による発電比率を高めることの必要性が報道されていたが、これだけの事故を起こした反省が微塵も感じられないことにも怒りを感じる。

・起きている問題(原発災害やトリチウムの問題など)は、被害を受けている福島のみの問題ではなく、原因をつくっている、あるいは対応の責任があるという意味での日本全体にとっての問題である、という長正さんや林先生のお言葉で、自分自身も問題を福島問題に矮小化していることに、改めて気づきました。

・ややもすると対立構造になる生産者と流通業界、消費者がタグを組んで復興操業に向かっている姿が目に見えて大変力強く感じました。生活者、消費者としてしっかり生産者を「土」「海」ともに支えていきたいと思いました。

東日本大震災ならびに東京電力福島第一原子力発電所の事故から丸10年。CSまちデザインではこの間毎年、「福島応援講座」を実施し、現地へのスタディツアーを行ってきました。10年の節目にあらためてあの事故を「自分事」として捉え直し、「脱原発」に向けてどう行動すべきか考えます。報告者のお二人に福島の「土」と「海」の今とこれからについてお話しいただくと共に、現地とオンラインでつなぎ、ゆかりの方たちからもメッセージをいただく予定です。

<参加されたかたのブログ紹介>

CS会員である中田哲也さんがご自身のブログで、シンポジウムの内容を細かくご紹介くださっています。ご覧ください。

https://food-mileage.jp/2021/04/27/blog-313/

<コーディネーター行友弥さんのコメント> 5月15日CSメルマガ掲載

「忘れていい」と「来てほしい」の間で~原発事故から10年 行友 弥

東日本大震災と福島第一原発事故から10年が過ぎました。私は仕事で福島に通っていますが、旧避難指示区域の農地などに積み上げられた除染廃棄物の袋もかなり減り、見た目の上の「復興」はずいぶん進んだように思います。

昨年、現地のある農業者に「首都圏では原発事故が風化している」と言ったら「忘れてくれて構わない。それが人間だから。人は、それぞれ与えられた場所で花を咲かせるしかない」という答えが返ってきました。

その言葉に胸を突かれながら「首都圏の住民に伝えたいことはないか」と尋ねると、彼は「できればここへ来て、暗い面も明るい面も見てほしい。そして、エネルギー政策などを話し合う材料にしてくれたら」と言いました。

「忘れていい」と「来てほしい」は矛盾していますが、どちらも本音だと思います。前者は「いつまでも『被災者』という立場に甘んじていられない」という覚悟。後者は「我々の経験を無駄にしないで」というメッセージ。私は、そう受け止めました。

各地で原発の再稼働が進められ、福島の事故を受けて定められた「運転40年で廃炉」の原則も骨抜きにされています。やはり、忘れるわけにはいきません。一緒に見て、考えていきましょう。

会場とスクリーンスクリーン(余裕のない暮らし)

日時:5月15日(土) 10:30~12:30

講師:小森雅子さん(NPO法人 しんぐるまざあず・ふぉーらむ)

会場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

~報告~

コロナ以前から「お金」「時間」「関係性(孤立)」の複層化した貧困が課題であったひとり親世帯ですが、コロナによって、シングルマザー世帯の7割で、子どもが休校で働けない、非正規雇用で収入が激減したなどの影響を受けているとされます。厳しい状況になった生活は食費を削ることに直結し、東京都では母子家庭の小学生の1割で体重が減ったそうです。

「しんぐるまざぁず・ふぉーらむ」では就労支援・相談・親子イベントとともに、食糧支援(2,300世帯)も行っていますが、私たち一人ひとりもできることを考えていきたいものです。関係性は助け合える地域づくりで、食糧支援は寄付などで、またいろいろなしくみづくりには声を上げて…まずは「知る」ことができた小森さんのお話でした。

~参加されたかたのアンケートから~

・格差はいろんなことが絡み合って、複雑で奥が深い問題ですが、本人に意思があれば道は開かれるべきだし、親の状況に関わらず子供の人生が明るいものであってほしいです。

・みなさんが幅広く支援されている活動はすごいなと思いますし、もっとたくさんの方に知ってもらいたい、知った人が気楽に関わっていけるようなシステムが広がるといいなと思います。

・シングルマザー(ファーザー)の置かれている現状が良くわかりました。民間のNPOや市民グループの奮闘に支えられている感があります。公的な制度もあっても利用されない現実は問題です。制度利用するための支援も地域の中でしていけると良いと思います。とにかく現実を多くの市民に理解してもらうことも重要ですね。

6月5日(土)14:00~16:00

講師:天笠啓祐さん(ジャーナリスト・遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン代表)

~報告~

「ゲノム編集操作による高GABAトマトの苗がこの5月から無償配布されている!」

※ GABAとはアミノ酸の一種で、ストレスを軽減させる効果やリラックス効

果があることで近年注目されている成分です。

そして同じく「ゲノム編集魚の肉厚マダイの承認も間近になっている!」

講座は講師の天笠さんのこんなショッキングなお話からスタートしました。

遺伝子組み換え技術が別な生物の遺伝子を挿入するのに対し、ゲノム編集は特定の遺伝子を切り取ってその働きを壊すだけの技術、だから、環境影響評価も食品安全審査も表示もいらないとされています。しかし、切り取ったところに別な遺伝子を入れること、つまりまさに遺伝子を組み換えることも可能な技術です。

そもそも生命は複雑な遺伝子のネットワークやバランスで成り立っており、そのバランスを壊すことは病気や障害をつくることにもつながりかねません。またゲノム編集技術で狙ったのとは違う遺伝子を切断してしまう(オフターゲット)、切断した遺伝子の近辺での異常などが確認されるなど、問題も顕在化しています。

知ること、学ぶこと、そして遺伝子組み換え・ゲノム編集食品を拒否すること、そのために産直など出所の確かなものを食べること、学校給食にもそれを求めること、そして種子や種苗の表示制度を国に求める運動に参加することなど、私たちにできることを具体的に挙げてくださいました。

~参加された方のアンケートから~

・このようなテーマに限らず、日頃、この国の将来を思うと暗鬱な気分になり、何らかの動きをしないと子どもたちに申し訳ない思いでいっぱいになります。これを機会に、食の安全に関心も持ちたいと思います。また、他の講義にも参加させて頂きたいと思います。

・ゲノム編集の問題点もわかり、表示義務がないということの怖さと、環境、人体にどのくらいの影響が出るかの検証をしていくように働きかけをすることを考えさせられました。

・大地や海からの恵みをいただく、自然界の大きな循環のなかに人間もいると考えると、遺伝子というミクロの世界を極短時間に人為的に操作することの影響はいずれ必ずや出てくると思いますが、発現したことがゲノム編集由来だと特定することも、原発のこと、添加物のことなどと照らし合わせると、責任所在の特定はますます複雑になるのだろうと思い、どうしても悲観的になってしまいます。情報開示、表示だけはきちんとするよう求めることがとても大事な活動だと思います。

・ゲノム編集は世界中で盛んに研究開発されていて、EUでも承認されたとのことでショックでした。特に名だたる大学で活発に研究され安全だということでビジネスになっていることに憤りを感じます。政府が掲げた緑の食料システム戦略も結局、ゲノム編集された作物を有機と認めるというのはあまりにもひどい話です。RNA農薬もとんでもないと思いました。

4  西川芳昭さん入稿-種子が消えれば あなたも消える-修正

日時:7月10日(土)14:00~16:00

講師:西川芳昭さん(龍谷大学経済学部教授、英国コベントリー大学研究員)

~報告~

自分でタネを採りそれを育てて作物を作れば、タネ=食べものと実感できるはずが、長くなったフードチェーンによって、私たちにはタネのこともそれを使っている生産者のことも見えにくくなっています。そしてともすれば、栽培する人たちにとっても、タネは外から入手する資材の一つにすぎなくなっています。しかし作物は野生植物とは違い、そもそも人間が関与しなければその種を継続することができません。だからこそ、種子を守ることが大切なのだと西川先生はおっしゃいます。

いわゆる種子法の廃止や種苗法の改正について、この間問題とされてきたことは基本的にはこれらの法律とは直接関係しない、問題は法律そのもののせいではなく、法律に決められたことが守られないことにより起こるというお話も印象的でした。

そして、種子を守ることは分かち合うことであり、日本で生まれた小麦の農林10号が、アメリカで交配され、やがてアジアの大凶作を救った例を挙げて「種子は旅をするもの」と話されました。

そもそも私たちがどんな食べものを食べたいかを確認することが必要であり、私たちが食べているものが種からきていることを実感するためには種をまいて収穫する経験が大切。そして、種が作れなくなる時代にならないためにも、消費者はこういうものを食べたいという意思表示をすること、食べ手と作り手が見える関係をつくることが大切であり、その方法として市民活動や協同組合もあるでしょう、と結ばれました。

~参加されたかたのアンケートから~

・サカタ、タキイという日本の種苗企業がGMを作らないと宣言しているとは知りませんでした。種子法の廃止や種苗法の改正に不安な気持ちでいたのですが、そのような企業があることにほっとしました。

・東京に住む消費者として、まっとうな価格で農産物を買い支えることがまずはできることだと思います。種取農家が無くならないためにも、農業の未来に希望が感じられるような国にしていきたいものです。

・・種のとらえ方、世の中と種の話、種の旅や種を守る取り組みなど、専門的な見地で種を見ることができ大変良かった。また、西川先生の中立的・客観的な見方が好感もてた。

・種子法と種苗法について改めて整理が出来た。種子法廃止と種苗法改正に批判が高まり、害悪でしかないと思っていたが短絡的に考えてはいけないと気付かされた。

5 山本良一さんcо2削減イメージ画像①midori

日時:7月3日(土)14:00 ~16:00

講師:山本良一さん(東京大学名誉教授)

~講座報告~

講座タイトルは「迫りくる環境危機」ですが、すでに環境破壊は進行しており、私たちはエコロジカルにも社会的にも持続可能で、公正な空間を維持しなければなりません。

そのためにしなければならないことは、➀危機を認識すること、➁気候非常事態宣言を行い、緊急行動を呼びかけること、そして➂そこにおおぜいが参加すること(動員)だと山本先生は話されました。

自治体、企業、大学などの「脱炭素」の取り組みを加速させるのは市民の力です。徹底的な省エネ、再生可能エネルギーの拡大、そして一人ひとりの食生活を変えることが大切であり、これまで長年にわたってその時々の経済性で動いてきた社会を今こそ変えなければなたないのです。

さらに大切なことは、社会全体で分断に対応すること、つまり社会的弱者をつくらないことです。一人で行動するのではなく、食とエネルギーの持続に向け、同志を集めて、正しいことを実行するしかないと、先生は結ばれました。

~参加された方のアンケートから~

・先生のお話を直接聞くことで、今すぐに危機意識を持って行動する必要があることを強く再認識できました。

・気候変動が大きな問題であることは認識しているが、世界中で対策がとられていること、それなのに日本がなかなか進んでいないことを実感しました。CO2削減が難しい職業や家庭に対してサポートが必要とのご意見に、なるほどと納得しました。そして自分自身も省エネ意識が少し緩んでいるので反省です。

・『徹底的な省エネ』が必要とのこと。誰かがやってくれる、責任者は何をしている、という意識ではなく、自分から、自分の周りから改めて取り組みたいと思いました。原発のこと、ソーラーパネルのことなどモヤモヤするところを回答いただき、ありがとうございました。遠距離通勤、海外旅行、ビットコイン、さまざまなことが環境に関わっているんですね。視点を広く持たなければ、と思います。

3.毛利彰伸さん(解像度修正)8 越後屋美和さんLa毛利パスタランチLa毛利店頭

コロナの状況を鑑み中止としました。

日時:7月15日(木)11:00~14:00

講師:渡戸秀行さん(ファーム渡戸)
越後屋美和さん(東京ワイナリー代表)

受講料:3,150円 3000円(CS個人会員)3,075円(生活クラブ組合員) (ランチ代含む、デザート650円は希望者)

会場:La毛利(西武池袋線大泉学園駅からバス)

定員:20名

練馬大根の栽培農家と東京のぶどうでワインを作る醸造人のお話を伺い、レストラン横の白石農園産野菜たっぷりのランチを楽しみます。(希望者は講座後ブルーベリー摘みも可)

お申し込みはこちらから https://lolipop-5805031e08a5bb2a.ssl-lolipop.jp/?page_id=156

日時:6月24日(木)10:30~12:00

講師:近藤惠津子さん(CSまちデザイン理事長・加工食品診断士)

~講座報告~

コロナ禍で、家で食事をすることが増えました。健康への意識がますます高まって手作り派が増えたとはいえ、調理済み加工食品を利用することも増えているようです。調理済みの食品を上手に取り入れ、料理の負担を軽くすることがあってよいのですが、どんなものを選ぶか、自分なりの味や原材料の基準を持つことが大切です。

だしやスープの素をとりあげ、その原材料表示を見てみると、市販品の多くは、一番はじめに「食塩」と書かれたものが多いことに気づきます。重量順に記載されていますから、気をつけないと摂りすぎてしまいます。またうま味調味料としての食品添加物やそれに類似したものも使われています。

かつおだし・チキンコンソメ・中華だしの素いずれも添加物(粉状)の調合で作れてしまうことを実験で確認しました。

一方、昆布やかつおぶしからとるだしも実演し、味も確認。さらに鶏がらのみからとったスープにねぎの青い部分やパセリの軸などをつかうことで、簡単に中華風・洋風のだしへとバリエーションが広がることにも納得。深みと滋味があるだしができました。

うま味調味料による加工食品ばかりを食べて、それが「ウチの味」になってしまうのではなく、素材の味や旬の食材を生かした調理や、うま味が出る食材を上手に利用することで、手間をかけずに免疫力アップにつながる食卓を創りたいものです。

~参加された方のアンケートから~

・食べ物や料理の基本の重要性を具体的例や実験体験で納得性があり且つ専門的で大変良かった。

・以前からインスタントの物は疑問を持っていました。科学的なことちょっと難しかったです。だしの取り方も勉強になりました。インスタントの物は味が濃いのでこれからは考え直したい。

・添加物のスープはみな塩からく感じました。あと味ものどについている感じがしました。添加物のスープと本物は別物の味です。

日時:7月30日(金) 10:30~12:00

講師:近藤惠津子さん(CSまちデザイン理事長・加工食品診断士)

~報告~

小学1年生から6年生のお子さんとお母さん合計15名が参加してくれました。

飲み物の種類を出し合ったり、ジュースと思っていた飲み物が、実はそうではなかった!ということなどを学んだりしてから、実際に添加物や香料で飲み物づくりに挑戦しました。一人ひとり、自分がつくってみたい2種類の清涼飲料水をつくって味見。加えるシロップそのものや、途中段階の味も確認。「わぁ~甘い!」「おいしくなった!」などの声が聞こえました。レモン味、オレンジ味、メロン味、コーラ味…いずれも「元になる味」は同じで、さらに果汁は全く入っていないことがとても不思議。そしてその「元になる味」にたくさんの糖分が入っていることにもびっくり。

これから飲み物を飲むときに、「自分はどんなものを選んでいこうかな」と一生懸命考えているお子さんたちがとてもかわいらしく頼もしく見えました。

命をつくる「食」に子どもの時から関心を持つことの大切さをあらためて感じました。

~参加されたかたのアンケートから~

・思いもよらなかったことがたくさんありました。とても勉強になりました。こ

れをもとに自由研究にジュースのことを書きたい。 9才 4年生

・コカ・コーラはほんものみたいな味がしてうまくつくれた。ペットボトル1本

に50グラムもの砂糖くらい甘くしていると初めて知った。8才 3年生

・果糖ブドウ糖液糖がトウモロコシからできているなんてびっくりしました。

メロンソーダの果汁が0%しか入っていないことにびっくりでした。いろいろ

と勉強できてよかったです。私がご飯をしっかり食べなくて体重が減って病気

になった時にオレンジジュースを飲まされた。なぜそれを飲まされたか今とて

もわかりました。 9才 4年生

マヨネーズと醤油食べ比べ

 

10月13日、「二つの視点から考える体にいい調味料」講座をおこないました。

このたべものラボ講座はにおいや食感、味、見た目などを実際に食べ比べ、どれが好みか考えてみる講座です。

さらにはその中身(原材料や産地、製造方法)なども知った上でもう一度それらを考えて、今後自分はどんな選択をしていくのか考える講座です。

今回は醤油とマヨネーズをいくつか取り上げて考えてみました。

現代人の食の志向としては「健康志向」が高く、それ故に「カロリーを抑える」などの体に良いと感じられるような特徴を持たせた「特定保健用食品(トクホ)」や「栄養機能食品」「機能性表示食品」も多く出回っています。しかし実際にはそれらの機能をもたせるために、食品添加物が加えられている場合もあることを勉強しました。不安な添加物を使わなくてもちょっとした考え方でできる健康的な食事のつくりかたを考えてみる機会となりました。(I)

 

 

 

宮澤先生(上半身・手ぶり)「教科書写真無料」の画像検索結果

10月24日、まちデザイン市民講座『なぜ心に成績をつけるの? ~道徳の教科化の問題点~』をおこないました。

子どもの心を大切にする学校教育とは?を、学校の道徳の教科書を題材にお話いただきました。

講師の宮澤先生は公立の小学校の現役教諭。先生は道徳の教科書によって導かれる結論が自己責任論(自分でしっかりしなさい)というところに誘導されることを危惧されています。教科書を最後まで読まずに主人公が悩む場面や問題が起こる場面まで読むのをやめて、そのあとについては子どもたちが意見を出し合うという授業をすすめられています。そのことで色々な考え方があっていいこと、他者を認める事が学べるのだな、と思いました。

また障がいがあるこどもを「支援」の名のもとに合理的排除をしないことも必要だと考えられています。

私たちは、学校の道徳の公開授業を見に行って、まずは知ること、そして学校全体への意見を出すことなどができるのだなと思いました。

学校教育の場面だけでなく、子どもだけでもなく、家庭や地域で人に向き合う時全てに必要なことを教えていただいた思いがしました。(I)

 

 

 


スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911