「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

まちデザイン市民講座

3 仁井田本家

昨年実施した南相馬ツアーでお会いした有機農家根本洸一さんは、警戒区域が解除された2012年から試験栽培を開始、昨年産米は仁井田本家で日本酒に。風評被害に苦しむ県内の有機農家から積極的に酒米を購入するなど、復興支援活動を続けている仁井田本家を訪ね、私たちにできる支援を行いましょう。

講   師:馬場幹雄さん(㈲仁井田本家常務取締役)

片山雄介さん(㈲オフィス和蔵代表取締役)

日 時:2018年2月17日(土) 9:30JR郡山駅集合 15:00頃JR郡山駅解散

会 場:仁井田本家(福島県郡山市田村町)

受講料:3,900円(CS会員3,500円、生活クラブ東京組合員3,700円)

<定員15名>


[申し込みフォーム]

 

CIMG0569 CIMG0564 CIMG0562

【受講された皆様の声】

・事故から6年7ケ月、村は動いているとのことですが、今回の詳細な座学が、現地への訪ねる参考となりました。菅野栄子さんのDVDのお話は人柄が伝わり、私達に問題を提言して下さいました。(60歳代 女性)

・改めて帰村の難しさを実感しましたが、同時に少し希望も見えて来た感じも得られ勉強になりました。(60歳代 男性)

・現状を少しでも(かなり)知ることができて、よかった。(60歳代 女性)

—————————————————————————————————————————————-

「までい(真手)ライフ」を掲げ、循環型農業を基盤とした独自のまちづくりで全国から注目されていた飯舘村は、福島第一原発事故によって全村避難を余儀なくされました。今年3月末、避難指示が解除されて6年ぶりに帰村が可能になった今、村はどうなっているのか。村の再生に向けてどんな働きがうまれているのか。震災後、何度も村に足を運んできた講師に語っていただきます。

講   師:行友弥さん((株)農林中金総合研究所特任研究員)

日 時:2017年10月28日(土) 13:30~15:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員30名>

 

8.鹿取さん2

 

国産ブドウ100%を国内で醸造した「日本ワイン」と料理のマリアージュを楽しみつつ日本ワインの現状を学ぶ人気講座。近年は大手ワイナリーや異業種企業まで大規模生産に乗り出す“日本ワインバブル”状態。急激な増産による苗木不足、長らく日本ワインを醸造してきた小規模ワイナリーのとまどいなど、日本ワイン研究の第一人者が現状を解説します。

講   師:鹿取みゆきさん(フード&ワインジャーナリスト)

日 時:2018年1月13日(土) 18:00~20:30

会 場:CAFE BLEU(カフェ ブリュ)(JR渋谷駅下車徒歩5分、京王井の頭線神泉駅下車徒歩2分)

受講料:7,600円(CS 6,840円  生ク 7,220円)

※ワイン・食事代含む

<定員30 名>


[申し込みフォーム]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

柔軟剤が火付け役となった香りブームが加速したのは2012年。以降も増え続ける芳香剤や消臭除菌スプレーなどの身近な香りに、身体の不調を訴える人が増えています。具体的な商品の成分や毒性、健康への影響などについてお話しいただき、社会から香害をなくすためにどうしたらよいかを考えます。

講   師:岡田幹治さん(ジャーナリスト、元朝日新聞論説員)

日 時:2017年11月29日(水) 10:30~12:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員30名>


[申し込みフォーム]

食料自給率わずか38%(カロリーベース)と、多くを輸入農水産物に依存する私たちの食卓。その輸入食材は、どんな状態で保管され流通しているのか、実態を自分の目で確かめたくありませんか? 一大輸入拠点・横浜港の港湾倉庫を現場の方の解説付きでめぐり、輸入食品と私たちの食の現状を改めて考えるツアーです。

講   師:奥村芳明さん(港湾労働組合執行委員長)

日 時:2018年3月23日(金) 10:00みなとみらい線元町・中華街駅集合 12:30現地解散

会 場:横浜港(神奈川県横浜市)

受講料:1,900円(CS 1,750円  生ク 1,825円)

<定員20名>


[申し込みフォーム]

6 西川芳昭先生②

今年4月の国会で、突然種子法の廃止が決定しましたが、そもそも種子法とはどんな法律で、私たちの食料はどのように守られていたのでしょうか。この機会に小さな種子の持つ豊かな世界を知り、多様な品種を次世代に引き継ぐために私たちが果たす役割と食料主権について学んでみませんか。

講   師:西川芳昭さん(龍谷大学経済学部教授)

聞き手:大江正章さん(コモンズ代表、ジャーナリスト)

日 時:2018年2月3日(土) 13:30~15:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員30名>


[申し込みフォーム]

7 土屋トカチ先生

ほとんどのコンビニは、フランチャイズ・チェーン方式の個人営業店。長時間労働と本部から強いられる執拗なノルマが、オーナーを苦しめています。取材の中で明らかになったコンビニ会計などの実態を監督にお話しいただき、私たちの社会のしくみ、消費と廃棄の問題、労働のあり方を考えます。

講   師:土屋トカチさん(映画監督)

日 時:2018年3月17日(土) 13:30~15:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員30名>


[申し込みフォーム]

14 真下俊樹先生

 

「カンポット・コショウ poivre de Kampot」をご存知ですか? 今フランスなどの有名シェフが「世界最高」と絶賛する有機栽培のコショウです。コショウについてはもちろん、「いいことだから買う」のではなく、「品質が素晴らしいから買う」とフランス人夫婦が始めた新しい形のフェアトレードについても、やさしいフランス語を通して学びます。講座では実物の味見も。

<連続6回>

講   師:真下俊樹さん(NPOコンシューマーネット・ジャパン副理事長)

日 時:2017年11月8日、11月22日、12月13日、2018年1月10日、1月24日、2月14日(水) 10:30~12:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:12,000円(CS 10,800円  生ク 11,400円)
※お試し受講可(2,200円 お一人様1回限り)

<定員20名>


[申し込みフォーム]

10 江原絢子先生(hp用)

すきやき、唐揚げ、ぶっかけうどん、餃子など、私たちになじみのある料理、江戸時代の料理書にすでにその名が登場します。でも、食材や調理法の違い、今のイメージとはことなるものが多いのです。それを取り上げ、その名にちなんだ江戸時代の食材や料理の背景について考えます。

<連続2回>

講   師:江原絢子さん(東京家政学院大学名誉教授)

日 時:2018年 座学:2月1日(木)調理実習:2月22日(木) 10:30~12:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:4,200円(CS 3,780円  生ク 3,990円)※材料費別途800円程度

<定員20名>


[申し込みフォーム]

CIMG9219

 

日本の食品表示制度は複雑で、人によって違う解釈をしてしまうことがよくあります。具体的な食品を見ながら、ようやくスタートした加工食品の原材料の産地表示を読み解く力を身につけましょう。

講   師:近藤惠津子さん(CSまちデザイン理事)

日 時:2017年12月5日(火) 10:30~12:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,000円

<定員20名>


[申し込みフォーム]



本の紹介
スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911