「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

まちデザイン市民講座

かぼちゃペーストの説明講座全体①魚柄先生ギター(WEB)

<講座報告>

2019年11月30日(土)14:00~16:00

講   師:魚柄仁之助さん(食文化研究家、エッセイスト)

講師の魚柄先生の25年来のフアンのかたから、生活クラブの「生活と自治」WEB版を見て気になっていたというかた、CSの講座に初めていらしたかた、小学生のお子さんまで…

たくさんのかたで会場はいっぱい。作ろうと思うメニューのレシピを見てその通りの材料や状況がないとつくれないと思いがちだけれど、あるものでつくる料理を楽しめばいいし、料理は工夫次第でいろいろ展開ができるというお話でした。

料理は「食材」「加工法」「味付け」の組み合わせで、できる自分に変えていくには観察すること、トライすること。間を置かずに2,3度チャレンジすることが大事、始めはものまねでいいそうです。先生が大豆でマヨネーズをつくろうとしてチーズもどきができたお話は、とても興味深かったです。先生のギター演奏で、同じ賛美歌の和音のままに何曲もの聞きなれた曲が飛び出したのにはお話を納得させるに十分な〆となり、笑いと拍手の中で講演は終了しました。(Y)

 

 

大竹道茂さん(WEB用)白幡料理長OLYMPUS DIGITAL CAMERAレストラン料理例(グラスにデザート?)レストラン料理例(キッシュ?)レストラン料理例(魚料理)

江戸時代に江戸で栽培されていた野菜が「江戸東京野菜」。固定種と言われ、自家採種をしながら今日まで命が引き継がれてきたものです。それぞれの野菜にまつわるエピソードを大竹さんに伺いながら、江戸東京野菜を使った白幡料理長によるランチコースをお楽しみいただきます。(食事の写真は8月のものです)

講   師:大竹道茂さん(江戸東京・伝統野菜研究会代表)・白幡健さん(渋谷 エクセルホテル東急総料理長)

日 時:2020年1月31日(金)12:00~14:30

会 場:渋谷エクセルホテル東急 6階 プラネットルーム

受講料:7,800円(CS 7,720円  生ク 7,760円)ランチコース代金含む

8月に行われたホテル主催企画時のメニューは以下の通りで、今回は季節の野菜を使ってアレンジしていただきます。

(練馬大根・三河島菜・亀戸大根、千住ネギ、金町こかぶ、伝統小松菜、品川カブ、東京ウド、奥多摩ワサビなどが予定されています)

東京野菜の軽いスモークと鮪の生ハム

~マンゴと山葵風味のビネグレットサフラン香るクーリと共に~

東京野菜のキッシュ 花畑牧場のモッツアレラチーズとベーコンの旨味

~エシャロットフォンデュとバルサミコ薫るプティトマトのマリネ~

金沢中央市場直送 きじはたのサラマンダーグリル

~東京野菜ののセルクルと小松菜のフリット添え ブールブランソース~

シェフパティシエのデザート

パンとバター・コーヒー

 

 

<定員 50名> お申し込みはこちらから

大村美香さん(チラシ使用)

「超加工食品」という言葉を聞いたことがありますか? カップ麺や袋入りスナック菓子、炭酸飲料などが典型的な超加工食品。がんや死亡率、肥満との関連を調べた研究結果が最近発表されていて、欧米や英国で話題になっています。果たしてどういうものなのか、体に影響があるのか…。フランスの研究ではフランスの成人約10万人(うち8割が女性)を平均5年間にわたって調査し、食事中の超加工食品が占める割合が10%高い人はガン全体にかかるリスクも12%、乳がんは11%高いという発表もあります。取材した大村さんにレポートしていただきます。

※超加工食品の例:大量生産されたパン・ピザやパスタなど温めるだけに準備された製品・ソーセージ・ハンバーガー・インスタントスープや麺など(ブラジル・サンパウロ大学公衆衛生学部考案の食品分類による)

講   師:大村美香さん(朝日新聞社 文化くらし報道部 be編集)

日 時:2020年2月8日(土)14:00~16:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員 30名> お申し込みはこちらから

長谷川浩さん(WEB用)「無料写真有機野菜」の画像検索結果

NPO法人福島県有機農業ネットワークが北海道大学の研修者と行なった調査で、有機食材を食べ続けると体内の農薬成分が減少するという、驚くべき結果が公表され注目されています。環境もこどもの未来を守るため農と食のあり方について、調査に当たった長谷川さんと共に考えます。

講   師:長谷川 浩さん(福島県有機農業ネットワーク・縮小社会研究会理事)

日 時:2020年2月15日(土)14:00~16:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員 30名> お申し込みはこちらから

近藤さん講座全体の写真

2019年11月11日(月)10:30~12:00

講   師:近藤惠津子さん(CSまちデザイン理事長、加工食品診断士)

これまで行われてきた「収穫量が上がる(=飢餓を救う)」「有益な品種がつくれる」などとして生物の遺伝子を操作する「遺伝子組み換え」という技術。その歴史はまだ30年もありません。その中で最近遺伝子組み換え技術よりもより高確率で狙った効果が期待でき、安全性にも問題ないとして「ゲノム編集技術」によって作られた食品が出回りつつあります。遺伝子組み換えではなからゲノム編集は大丈夫、という声も聞こえてくるという事は、大丈夫と言われ続けてきた遺伝子組み換えってそもそもどうなのでしょうか?

講座の始まりに「自分は遺伝子組換え食品は食べたくないと思っている人」「便利で有益な遺伝子組み換え食品なのだから食べてもいいと思っている人」で受講される皆さんにお聞きしてみたら…なんと全員が「食べたくない」に手を挙げられました。遺伝子組み換えによって自然界にはない物をつくり出すことで、生態系全体に及ぼす影響、有益と言われながらも逆に異常な事態が起こっている現状、そして一番問題なのは日本では遺伝子組み換え食品の表示制度がとても甘いこと、多くの食品の原材料として形を変えた遺伝子組み換え食品が入り込んでいることなどを再確認しました。受講された方のアンケートからも、私たち消費者は知ること、分かって選ぶこと、人に伝えること、あきらめないこと…が大切と多くのご意見を頂きました。(Y)

 

近藤さん

温めるだけで食べられる調理済み食品の№1は?その正体を試食と表示で分析。あなたはそれを買いますか?

講   師:近藤惠津子さん(CSまちデザイン理事長・加工食品診断士)

日 時:2020年2月20日(木)10:30~12:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,000円

<定員 20名> お申し込みはこちらから

 

江原先生笑顔講座全体の様子調理説明①  調理台(準備)みんなで調理料理盛り付け

 

2019年11月6日(水)(座学) 11月21日(木)(実習)10:30~12:30

講   師:江原絢子さん(東京家政学院大学名誉教授)

『年中番菜録』から江戸時代の日常食について学びました。平安時代は基本2回食だったものが江戸時代から3回食になってきたそうです。驚いたのは日常的な食事では一日に1人で米を4合程食べていたということ。少量の香の物や煮豆でたくさんのご飯を食べていたのでしょう。また、主なたんぱく源は大豆から摂ることが多かったもののさんまやまぐろは「下魚」として庶民の食べものだったそうです。

実習ではこのまぐろやさんまを使い、おそらく庶民の食事ではとっていなかったであろう「だし」もとらずに素材の味を感じてみることにしました。

江戸時代の料理書には食材の分量などの記載はなく、講師の江原先生が様々の資料をもとに試行錯誤で導いて下さった分量で実習しました(このレシピは日本でここだけなのかもしれないですね!)

<献立>

八はい豆腐・まぐろから汁・こんにゃくおでん・さつまいもなんば煮・さんまの酢煮・大根三ツ輪漬

だしなしの汁もの「まぐろから汁」はまぐろの切り落としとおからが入ったしみじみしたお味。さつまいもを塩で煮るのは意外。さんまを酢と塩で煮るのはさっぱり。甘味としてのさとうは一切使わないのに、それらの味は深く滋味たっぷり。

受講されたみなさんからも「だしがなくても素材のうまみ・あまみを感じられた」と大好評でした。

講師の江原先生のお人柄が「江戸料理」そのもの。ゆったり、大切に、人も食材を慈しむ…そんなひとときでした(Y)

 

井田徹治さん「海洋プラスチック フリー素材」の画像検索結果

 

循環とかけ離れた「日本のリサイクル」の実態!

 「プラスチックゴミ 日本のリサイクルの幻想」のできたてDVDを見ながら、DVDを監修された井田さんのお話を伺います。

石油から作られ、瞬時に使い捨てられるプラスチックが自然環境中に流出し、半永久的に残り続けるごみとなっています。

とりわけ深刻なのが海洋汚染。「マイクロプラスチック」と呼ばれる微小なプラスチックごみを通して、有害な化学物質が食物連鎖に入り込んでくることも問題視されています。経済や社会のあり方をどう変えていけばいいか?まずは私の家庭からチャレンジ!

講   師:井田徹治さん(共同通信社編集委員兼論説委員)

日 時:2020年1月25日(土)14:00~16:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

プラスチック

製作:特定非営利活動法人アジア太平洋資料センター(PARC)

取材協力:高田秀重(東京農工大学農学部 教授)他

<定員 30名> お申し込みはこちらから

白石好孝さんDSC00639白石さんデモンストレーション③

プランターでトマト・きゅうり・なすなどを育てるコツをプロの農業者に教わります。

葉物野菜の種のプレゼントもあります。

講   師:白石好孝さん(「大泉風の学校」主宰)

日 時:2020年3月17日(火)14:00~16:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員 30名> お申し込みはこちらから

SANYO DIGITAL CAMERA「福島飯館村写真無料」の画像検索結果

 

福島では地域の再構築に向け新たな取組みが始まっています。飯舘村の「今」を、現地に寄り添って活動する石井先生から伺います。

講   師:石井秀樹さん(福島大学農学群食農学類生産環境学コース准教授)

日 時:3月28日(土)14:00~16:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員 30名>お申し込みはこちらから



本の紹介
スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911