「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

講座案内

2.江原絢子先生調理説明①料理盛り付け

江戸時代にはどんな野菜が食べられていたのでしょうか。
海外から各時代に伝来したという野菜のルーツや、江戸後期に行われた大根
その他産物の調査の内容をはじめ、促成栽培がすでに行われていて、販売時期限定の
町触れが出されていたことなど、野菜を取り巻く興味深いお話を伺います。

江戸や農村の人びとの野菜料理もご紹介いただき、実際に料理して食べてみることで、
遠い江戸の人びとに思いを馳せるゆったりした時間を過ごしませんか。

講   師:江原絢子さん(東京家政学院大学名誉教授)

日 時: 6月18日(木):座学  10:30~12:30      

              7月9日(木):実習  10:30~12:30

会 場: 生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料: 一般 4,200円  CS会員 3,780円 生活クラブ東京組合員 3,990円
*食材費は別途800円程度を当日集金させていただきます

<定員 20名> 託児あり

 

1.原田禎夫さんマイボトル

海洋プラスチックが世界的な問題になっている昨今。脱プラスチックなんて無理!と思いがちですが、
プラスチック容器が主流になった1970年代以前も生活は営まれていたのです。
脱プラスチックに向けてすでに始まっている海外の動きを講師にご紹介いただき、
今、私たちが何をすべきかを考えましょう。

講   師:原田禎夫さん(大阪商業大学公共学部准教授)

日 時: 6月20日(土) 14:00~16:00

会 場: 生活クラブ館 2階(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料: 一般  1,500円 CS会員 1,350円 生活クラブ東京組合員  1,425円

<定員30名> 託児あり

 

3.渡戸秀行先生(アップ)白石顔 アップ3.毛利彰伸さん(解像度修正)画像に含まれている可能性があるもの:食べ物画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

効率を求めた広域流通網の発展によって食卓から消えた野菜の品種はたくさんあります。
江戸時代から東京周辺でつくられていた「江戸東京野菜」もそのひとつ。
練馬大根の種取り体験や栽培農家の方のレクチャーのあと、
江戸東京野菜や白石農園の野菜たっぷりランチをお楽しみいただきます。
講座終了後オプションでブルーベリー摘みもできます。

講   師: 渡戸秀行さん(ファーム渡戸)
講   師: 白石好孝さん(「大泉風のがっこう」主宰)
講   師: 毛利彰伸さん(La毛利オーナーシェフ)

日 時: 7月21日(火)11:00~13:00

会 場: La毛利(練馬区大泉町1丁目54−11)
(西武池袋線大泉学園駅からバス15分)

受講料: 一般 3,150円 CS会員  3,000円 生活クラブ東京組合員  3,075円
*ランチ代含む
*別途デザート(プリン650円)、ブルーベリー摘み(100g 200円)をご希望の方はお知らせ下さい

<定員30名>

 

4.中沢尚人さん4.石川美香さん(BELLE)「味噌画像無料」の画像検索結果

「発酵食品はからだにいい」と言われますが、発酵食品とは呼べない味噌もたくさん出回っているのをご存知ですか?
お味噌のプロから味噌の見分け方を教わり、本物の味噌で味噌床を作ってお持ち帰りいただきます。
味噌を使ったおいしい料理も教わります。試食もお楽しみに。

講   師: 中沢尚人さん(株式会社マルモ青木味噌醤油醸造場技術部)

石川美香さん(料理研究家、クッキングスタジオBELLE インストラクター)

日 時: 9月8日(火)10:30~12:30

会 場: 生活クラブ館 クッキングスタジオBELLE

受講料: 一般 1,500円 CS会員 1,350円 生活クラブ東京組合員 1,425円
*食材費は別途500円程度当日集金させていただきます

<定員20名>  託児あり

お申し込みはこちらから https://lolipop-5805031e08a5bb2a.ssl-lolipop.jp/?page_id=156

 

5.鹿取みゆき先生「日本ワイン写真無料」の画像検索結果La Maison du 一升 Vin - メイン写真:La Maison du 一升 Vin - メイン写真:La Maison du 一升 Vin - メイン写真:

 

「国産ワイン」と「日本ワイン」の違いをご存知ですか?

海外から輸入したブドウや濃縮果汁を使用して国内で製造されたワインを「国産ワイン」というのに対し、国産ブドウ100%を国内で醸造したのが「日本ワイン」です。
各地のワイナリーやブドウ農家を訪れ、その姿を消費者に伝え続けることで、日本ワインの発展を支えてきた講師。ほかでは聞けない日本ワイン最前線のお話が楽しみです。
同時に、講師厳選の数種類のワインとすばらしい料理のマリアージュをお楽しみいただく人気講座です。
今回は会場を浅草のお店に移して行います。

講   師: 鹿取みゆきさん(フード&ワインジャーナリスト)

日 時: 5月23日(土)18:00~20:30

会 場: La Maison du 一升 Vin (台東区浅草1-9-5 ONビル 1F 2F)
(田原町駅より徒歩5分、浅草駅より徒歩8分)

受講料: 一般  8,500円 CS会員  8,350円 生活クラブ東京組合員  8,425円
*ワイン、食事代含む

<定員30名>

 

邱先生(WEB用)邱先生②②全体の様子

最近の夏は、温暖化の影響もあり猛暑続きですね。日本特有の高温多湿の時期に向かう前に、熱中症や夏バテなどの漢方的対策を解説いただきます。

漢方的に循環器系の働きは、「心」の機能とも関連があると言われています。「心」の働きを丈夫にするため、夏ならではの養生法から漢方薬の臨床応用まで幅広くお話していただきます。※循環器…心臓・血管・リンパ管など

講師の邱紅梅(きゅうこうばい)先生は漢方の本場中国で漢方の婦人科専門医師として活躍され、婦人科の症状を得意とされる明るく元気な先生です。そのお話は毎回笑いがいっぱいの人気講座です。

講   師:邱紅梅さん(中医師、桑楡堂薬局顧問、北京中医薬大学非常勤講師)

日 時: 7月1日(水)10:30~12:30

会 場: 生活クラブ館 スペース1・2

受講料: 一般 1,500円 CS会員 1,350円  生活クラブ東京組合員 1,425円

<定員50名>  託児あり

 

SANYO DIGITAL CAMERA

金子先生のお話を聞く②(荒木さん写真)昼食後福島大学の実証栽培報告フレコンバック田んぼには
↑2019年11月CSスタディツアーの様子

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故から9年以上が経ち、福島では地域の再構築に向け新たな取組みが始まっています。
2017年3月に一部を除き避難指示が解除された飯舘村、住民の帰村は25%程度ですが、未来を見据えてさまざまな取り組みが行われています。
現地に寄り添って活動する石井先生から飯舘村の今について伺い、都市に住む私たちがすべきこと、できることを考えます。

講   師:石井秀樹さん(福島大学農学群食農学類生産環境学コース准教授)

日 時: 8月1日(土)14:00~16:00

会 場: 生活クラブ館 2階

受講料:  一般  1,500円 CS会員  1,350円  生活クラブ組合員  1,425円

<定員30名> 託児あり

 

白石さん笑顔 白石さんデモンストレーション③

自分で野菜を育ててみたいけどうまくいくか心配と思ってらっしゃる方、近くに体験農園がなくてとあきらめていらっしゃる方…。ご家庭のベランダで、プランターを使って、秋冬の葉物野菜を育てるコツをプロの農業者に教わります。
野菜の特徴についてミニ学習ののち、種を植える深さ、水やりの量やタイミング、注意事項などを実演を交えて教わります。
秋冬の葉物野菜の種のプレゼントもあります。

講   師:白石好孝さん(「大泉風のがっこう」主宰)

日 時: 8月25日(火) 14:00~16:00

会 場: 生活クラブ館 地下スペース2

受講料: 一般 1,500円 CS会員 1,350円  生活クラブ東京組合員 1,425円

<定員30名>  託児あり

 

大久保先生写真安部さんと酢写真
与の重写真①  ←前回講座で召し上がっていただいた「与の重」

エコ時代と言われる江戸時代の台所、道具、食器はどんなだったのでしょう? 講師の大久保さんからお話を伺い、江戸に思いを馳せます。そのあと楠公レストハウス総料理長の安部さんからは江戸から今に伝わる生活の知恵「エコ・クッキング」を生かして趣向を凝らした『行楽重」の説明をいだだきます。丁寧につくられた一つひとつの料理を味わう贅沢な時間を過ごしましょう。食事に使った箸(菊御紋入り)を持ち帰ることができます。

講   師:大久保洋子さん(一般社団法人和食文化国民会議理事、元実践女子大学教授)
講   師:安部憲昭さん(皇居外苑楠公・北の丸レストハウス総支配人・総料理長)

日 時: 10月21日(水)10:30~13:00

会 場: 楠公レストハウス(東京メトロ千代田線二重橋前駅下車徒歩5分)

受講料:  一般 3,810円 CS会員 3,660円 生活クラブ東京組合員 3,735円
*食事代含む

<定員30名>

お申し込みはこちらから https://lolipop-5805031e08a5bb2a.ssl-lolipop.jp/?page_id=156

近藤さん(魚柄講座にて)講座の様子(ポテトチップスの表示の説明)中華丼の具
↑昨年度の講座の様子

2015年に施行された食品表示法。5年間の経過措置期間が終わり、4月1日から適用されている新しい食品表示のルールがいくつかあります。
食品添加物の表示、栄養表示などがそれです。
どんなルールなのかについて知り、食品選びに役立てられるようになっていただく講座です。
気になる食品をいくつか選んで表示を見たり試食をしたりしてみましょう。

講   師:近藤惠津子さん(CSまちデザイン理事長)

日 時:5月29日(金)10:30~12:00

会 場: 生活クラブ館 地下スペース2

受講料: 1,000円

<定員20名>  託児あり

 



本の紹介
スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911