「私のくらし」や「私の暮らすまち」を豊かにするための学びの場を食育を中心にコーディネートしているNPOです

cs-machi-admin

 

DSC00780DSC00786

【受講された皆様の声】

・知ろうとしないと知らないうちに色々な事が決まっているような現状。私達のすべきことについて学ぶ機会となりました。水は命にかかわるもので真剣に考えないといけないと改めて感じました。(50歳代 女性)

・水の事も自分ごととして考える時代。水源の質をどう高めるかを考える事も重要という事に共感を持ちました。わかりやすいお話有難うございました。(60歳代 女性)

・今の現状をよく把握し未来にむけての目標を持ってどう考えて行くかそのための情報やしくみ、水道に関するお話を聞けてとても良かったと思います.(60歳代 女性)

・非常に良かった。水サポータ-が出来たら参加(応援)したい。(70歳代 男性)

・法改正の内容を良く知らなかったのでとても勉強になりました(20歳代 女性)

----------------------------------------

昨年水道法が改正され、水道事業の民営化への道が大きく開かれました。日本の民営化神話が、とうとういのちの源である水にも及ぼうとしています。
水道民営化の問題点を明らかにすると共に、私たちにとって水はどんな存在か、水道事業はどうあるべきかを考えましょう。

講   師:橋本淳司さん(水ジャーナリスト、アクアスフィア・水教育研究所 代表)

日 時:2019年6月15日(土)14:00~16:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員 30名>※終了いたしました。

Exif_JPEG_PICTURE

海洋プラスチックによる汚染が世界中に広がっています。
海に打ち上げられる大量のプラスチックごみや、海の生物たちの被害をニュースで見た方も多いと思います。
そのプラスチックごみが細分化され、微小な粒となった「マイクロプラスチック」は、分解されるまでに数十年から数百年かかると言われ、さらに深刻な問題をはらんでいます。魚介類などを通じて人間が摂取する可能性が高く、健康被害も懸念されているのです。
プラスチックは食べたくない!今すぐ何をすべきか考えます。

講 師:中井八千代さん(環境カウンセラー、容器包装の3Rを進める全国ネットワーク副運営委員長)

日 時:2019年7月20日(土)14:00~16:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員 30名>お申し込みはこちら

3.天笠啓佑さん

遺伝子組み換えよりも簡単で成功率も高く、「遺伝子組み換えのレベルアップバージョン」とも言われるゲノム編集。しかし、新たな技術だけに従来の遺伝子組み換え技術に関する国際規制の対象からはずれる部分も多く、リスクは不透明です。その上、ニュースでも報道されている通り、この夏にも届出だけで流通する可能性があります。まずは、いったいどんな技術で何が問題なのか、私たちの食料生産はどうなっていくのかを知って、「知らずに食べている」ことがないようにしましょう。

講 師:天笠啓佑さん(ジャーナリスト、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン代表)

日 時:2019年9月28日(土) 14:00~16:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)

<定員 30名>お申し込みはこちら

5 6 近藤惠津子先生

【受講された皆様の声】

・食べ方は生き方、参考になりました。(50歳代 男性)

・とても勉強になりました。食がとても大切だと日頃感じています。身近な人たちに伝えていこうと思っています。(60歳代 女性)

・何回か同じテーマで講座を受講しましたが、その都度新たな発見があります。ありがとうございました。(女性)

・日本の経済政策や輸出入相手国などは、年々変わっていることなど、新鮮に聞きました。農業を支える、人と農地の減少が止まらないことに危機を感じています。(50歳代 女性)

・大人でも知らないことが沢山あったので、今の子供たちはどれだけのことを知っているのか・・・。大人の責任として伝えていくことが大切になるだろうなと、思いました。(20歳代 男性)

----------------------------------------

CSまちデザインが、17年間にわたり改良を重ねながら小中学校等の授業で実施してきたオリジナルプログラム。今回は大人バージョンにした講座です。フードマイレージ、バーチャルウオーターをキーワードに、私たちの食が地球環境とつながっていることを知り、地球にやさしい食を考えます。毎日何気なく食べている食べものの向こう側には知らないことがたくさん。目からうろこのワークショップをお楽しみに。

講 師:近藤惠津子さん(CSまちデザイン理事長)

日 時:2019年6月1日(土) 13:30~15:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:500円(生活クラブ館10周年特別価格)

<定員 20名> ※終了いたしました。

5 6 近藤惠津子先生

食パンが多様化しています。スーパーで手軽に買えるパンから流行りの高級パンまで、何が違うのでしょう? 生食パン? 水へのこだわり? 宣伝文句もさまざまですね。食パンの値段と原材料表示を比べ、実際にいくつか食べ比べてみて、何がどう違うのか比較検証してみます。また、菓子パンや調理パンなどはどんな材料が使われているのかも調べてみます。そして一人ひとりがパン選びの基準を持てるようになりましょう。

講 師:近藤惠津子さん(CSまちデザイン理事長)

日 時:2019年9月12日(木)10:30~12:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1000円

<定員 20名>お申し込みはこちら

5 6 近藤惠津子先生

小学生の皆さんはソーセージをよく食べますか? 夏休みの宿題に大好きなソーセージのことをいろいろと調べてみませんか。まず、何種類かのソーセージを食べ比べて、味の違いを言葉にしたり、どれが好きかを自分で判定したりします。そのあと、使われている「あるもの」を調べる実験をします。最後は袋を見て、どれがどれかを当ててみましょう。
そして、中身を知ったあと、さあ、僕たち私たちが本当に食べたいウインナーソーセージはどれなのかを見つけ、お店でちゃんと選べるようになりましょう。

講   師:近藤惠津子さん(CSまちデザイン理事長)

日 時:2019年8月1日(木) 10:30~12:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,000円

<定員15名>お申し込みはこちら

 

アップ7.江原絢子先生

現代は健康ブームです。健康は作るもの、勝ち取るもの…になっています。では、江戸時代はどうだったのでしょうか?、江戸時代は生活に留意して、健康な状態を保つように努めること、すなわち「養生」が大切にされていました。中国の本草学をもとに健康や病気の事を考え、養生書が刊行されました。その中身を紐解き、当時の人びとの考え方や生活を知ると共に、その考え方を入れた料理を作ります。

講師:江原絢子さん(東京家政学院大学名誉教授)

日 時:2019年 座学:6月6日(木) 調理実習:7月4日(木)10:30~12:30

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:4,200円(CS 3,780円  生ク 3,990円)※材料費別途800円程度

<定員20名>お申し込みはこちら

11 大久保洋子先生(hp用)安部憲昭先生

今、中食市場が元気です。調理済みのものを購入して自宅などで食べる食べ方です。でも、実は古く江戸の人びとも惣菜を買って食べていました。さてどんなものが好まれていたのでしょうか。どんな人が利用していたのでしょうか。今の惣菜とは違うのでしょうか。値段はどうだったのでしょうか? 興味は尽きません。講師の楽しいお話を伺った後は、楠公レストハウスの名物「江戸エコ行楽重」の「与の重」を総料理長に説明していただき、当時の人びとの食や生活に思いを馳せてながら召し上がってください。

講   師:

大久保洋子さん(日本家政学会食文化研究部会副部会長、キッズキッチン協会会長、元実践女子大学教授)

安部憲昭さん(皇居外苑楠公・北の丸レストハウス総支配人・総料理長)

日 時:2019年7月18日(木)10:30~13:00

会 場:楠公レストハウス(東京メトロ千代田線二重橋前駅より徒歩5分)

受講料:3,880円(CS 3,730円  生ク 3,805円)※食事代を含む。

<定員 30名>お申し込みはこちら

9.白石さん2

市民農園や体験農園で野菜を作っている方が増えました。でも近所にないとか、なかなか作業に出かける時間をとれないとあきらめている方も多いのではないでしょうか。そんな方たちに、ご自宅のプランターで野菜づくりにチャレンジしていただくための講座です。土の選び方から種の蒔き方、水やりの仕方、肥料のやり方から始まり、途中の手入れ、害虫や病気への対処などを実演も含めて、丁寧にお話しくださいます。失敗しないプランターでの野菜づくりのポイントをプロの農業者に教わる人気の講座、今回は夏の終わりから撒き始める秋冬野菜を取り上げます。

講 師:白石好孝さん(「大泉風のがっこう」主宰)

日 時:2019年7月30日(火)14:00~16:00

会 場:生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

受講料:1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)材料費別途

<定員 30名>お申し込みはこちら

麻布十番店

ヨーロッパでは、有機、オーガニックのことをBIO(ビオ)と言います。ビオセボンは、2008年にパリで創業されたオーガニックスーパー。ヨーロッパで100店舗以上を展開しており、日本では。2016年にビオセボン麻布十番店が開店、以降すでに10店舗をオープンしています。今回は、麻布十番店をビオセボン社員の方に解説していただきながら見学、日本のオーガニック市場の現状の一端を知ります。見学後は自由にお買い物、その後、残れる方たちと近所のカフェでお茶を飲みながら(参加者個人負担)、C日本の有機農業事情に詳しいCSまちデザインの理事を中心に、意見交換会を行う予定です。

講   師:

日 時:9月19日(木)14:00~15:00(この後希望者で意見交換会を1時間程度行います)

会 場:ビオセボン麻布十番店(都営地下鉄大江戸線・東京メトロ南北線麻布十番駅より徒歩3分)

受講料:500円

<定員20名>満員につき、お申込み受付を終了いたしました



本の紹介
スマートフォンでもご覧いただけます
メールマガジン
参加メールアドレス
退会メールアドレス
NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-13-13 生活クラブ館2F TEL: 03-5426-5212・FAX: 03-3426-9911